セミナー情報

SEMINIAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > 金融機関における新しい ストレステストのシナリオプランニング

金融機関における新しい ストレステストのシナリオプランニング

~コロナ禍を受けたハードシングスへの耐性評価~
本セミナーは終了致しました。
受講区分 オンライン
開催日時 2021-07-21(水) 9:30~12:30
講師
リスク計測テクノロジーズ株式会社 代表取締役
岡崎 貫治 氏
有限責任監査法人トーマツ シニアマネジャー
熊谷 敏一 氏

【岡崎 貫治 氏】
「リスク管理をアップデートする」を掲げて、2019年リスク計測テクノロジーズ株式会社を設立。リスク管理上の課題、特に人に関するリスクに対処するために、声だけ5秒でモチベーションを可視化するMotivelを開発・提供している。金融機関、信用リスクデータベース機関を経て、有限責任監査法人トーマツに入所。リスク管理に関する助言業務に従事。2013-2016年、金融庁監督局課長補佐、バーゼル銀行監督委員会のリスク計測部会に参画した。

【熊谷 敏一 氏】
財務省、内閣府、内閣官房、金融庁を経て2016年1月より現職 財務省では地方財務局における金融機関の検査・監督業務、金融庁では中小企業金融などに関する金融監督業務に従事 このほか、内閣府では経済財政白書の執筆に携わるなど金融市場や経済の分析を担当 現職においては、リスクアペタイト・フレームワークの高度化支援やトップリスク管理、ストレステストの高度化にかかるアドバイザリーを担当。

概要 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の広がりは、我々の生活を一変させるだけでなく、経営環境も大きく変化させることとなりました。未知の事象に対する脆弱さを露呈しましたが、他方で、柔軟な変化を遂げる企業も少なくありません。それら変化を遂げた企業は、単純に運が良かったケースもあると思いますが、その運を呼び込むための、平常時からのパンデミックリスクも含めた「まさか」に対する想定(備え)があったとも言えます。平常時からリスク感度の高い活動量を如何に維持するか。本セミナーでは、「備えあれば憂い無し」について、どこまで備えるべきなのかをシナリオ構築とともに、ロジカルに解説します。
セミナー詳細 【第一部】~新しいシナリオプランニング~
1.リスク管理をアップデートする
(1)レジームシフトを引き起こすリスクへの対応
  (a)パンデミックリスク
  (b)災害リスク
(2)コロナ禍におけるストレステストの重要性
  (a)未知を既知に変える意識の変革
  (b)出来ることから始める。非日常を日常に織り込む
(3)リスクをチャンスに変えるためには

2.ハードシングスと蓋然性を考える
(1)考えられるリスク事象をとにかく列挙する
  (a)機密情報漏えい
  (b)社員不祥事(コンプライアンス違反)
  (c)自社拠点だけロックダウン
(2)イベントに妥当性はあるか(客観性、影響度)
  (a)社内外の情報を整理してイベントの妥当性を考える
  (b)社内外の情報を収集する方法
(3)自社にとって一番困ることは何か、その次は?
  (a)自社の弱点を明確化する

3.シナリオの構築
(1)イベントマップを作成する
  (a)イベントの分類
  (b)イベントのレーティング
(2)重要なのは社内での検討プロセス
  (a)自社の弱点を突くイベントが選定されているか
  (b)イベントの選定理由は明確になっているか
  (c)然るべきレポーティングラインは構築されているか
(3)シナリオを作り上げる
  (a)各イベント間の関係性を整理
  (b)各イベントをチャート化した際の蓋然性を評価
  (c)ステークホルダーへの説明力を有しているか

【第二部】~ストレステストの実務と活用~
4.インパクト計測作業
(1)インパクト計測作業の位置づけ
  (a)計測の目的
  (b)計測の限界
(2)モデル構築と計測手法
  (a)計測対象の決定
  (b)簡易な計測手法の活用
  (c)モデルの管理と使用の判断
(3)計測結果の報告
  (a)インパクトの要因分析
  (b)計測前提に係る経営陣の理解

5.アクションプランのガバナンス
(1)対応策の策定プロセス(手順、内容)
  (a)意思決定プロセスの整備
  (b)残存リスクとアペタイトの関係
(2)アカウンタビリティ
  (a)経営者の関与
  (b)ステークホルダーの視点
  (c)開示によるコミュニケーション
(3)モニタリング
  (a)KRIの活用と限界
  (b)定例報告で議論すべき事項

6.今後のストレステストの動向
(1)短期と長期
(2)ミクロとマクロ
(3)機動性と継続性

7.質疑応答
補足事項 ※個人の方ならびに、業種・業務内容等により参加をご遠慮いただく場合がございます。

※本セミナーは会場受講はございません。
※ 講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。
【オンライン受講の方】
※開催1営業日前の13時にメールで視聴URLとPDF資料のご案内をお送りします。
12時以降にお申し込みの場合は視聴に関するご案内の配信にお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。
※アーカイブ配信期間は開催2営業日後13時から5営業日後の13時まで(土日祝除く)となります。配信期間内でしたら、お好きな時間に繰り返しご視聴が可能です。 
キャンセル
    ポリシー
キャンセル期限は開催1営業日前の12時です。 
カテゴリ オンライン受講 ガバナンス・リスク管理
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   E-mail : seminar-operation@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
申込規約・全額返金保証の規約
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF
【アーカイブ配信限定】金融機関におけるデータ分析・機械学習活用の可能性とその活用に向けたポイント
開催日時  :  2022-03-31(木) 13:00~13:00
金融機関に求められるクラウド・システム活用時の法的留意点と対応策
開催日時  :  2022-03-08(火) 13:30~16:30
欧米発:デジタル金融最前線
開催日時  :  2022-03-02(水) 9:30~12:30
金融機関に求められるシステムリスク管理の対応ポイント
開催日時  :  2022-03-01(火) 13:30~16:00
デジタルで加速する金融・決済サービスの進化とプレーヤー交代の行方
開催日時  :  2022-02-28(月) 13:30~16:30
少額短期保険の新潮流
開催日時  :  2022-02-25(金) 13:30~16:00
金融サービス仲介業の概要及び東南アジアにおける金融サービス仲介業務の動向
開催日時  :  2022-02-24(木) 13:30~16:30
洋上風力発電事業を巡る最新の実務と法的留意点
開催日時  :  2022-02-24(木) 9:30~12:30
金融DXの鍵、クラウドを活用する最低限必要な最新知識
開催日時  :  2022-02-22(火) 13:30~17:30
第4次FATF対日相互審査結果を踏まえたAI活用により高度化するAMLの最新動向と技術開発方針
開催日時  :  2022-02-22(火) 9:30~12:30
各種投資ファンドの相互比較とスキーム選択時のポイント
開催日時  :  2022-02-17(木) 13:30~16:30
がんばれ日本のデジタル変革/金融ビジネスを中心に
開催日時  :  2022-02-10(木) 9:30~12:30
セブン銀行における基幹系システムクラウド化への挑戦
開催日時  :  2022-02-09(水) 9:30~12:00
金融機関の2線・3線が身につけておきたい「心理的安全性」
開催日時  :  2022-02-08(火) 10:00~11:30
金融グループにおける顧客情報管理・利益相反管理のあり方
開催日時  :  2022-02-04(金) 13:30~16:30
【ベネッセスタイルケアと三菱UFJ信託銀行が語る】超高齢社会におけるヘルスケアビジネスの最新動向と取り組み
開催日時  :  2022-02-04(金) 9:30~12:30
顧客本位の業務運営を実現する保険募集の最新実務
開催日時  :  2022-01-31(月) 13:30~16:30
ライフサイエンス業界における変革トレンドと2030年へのロードマップ
開催日時  :  2022-01-28(金) 13:30~16:30
リース業界をとりまく環境変化と新規事業戦略
開催日時  :  2022-01-27(木) 13:30~16:30
不正・不祥事対応の現状と不正行為発生メカニズムの解明
開催日時  :  2022-01-27(木) 9:30~12:30
Embedded Insurance最前線
開催日時  :  2022-01-26(水) 13:30~16:30
ESG/TCFDを踏まえた金融機関の全社的リスク管理(ERM)高度化のポイント
開催日時  :  2022-01-26(水) 9:30~12:30
基礎から学ぶケイマン・ファンドの法務
開催日時  :  2022-01-25(火) 13:30~16:30
失敗・成功事例から学ぶ 金融機関におけるDX推進の秘訣
開催日時  :  2022-01-25(火) 9:30~12:30
金融機関の規制対応・サービス高度化に向けたデジタルアイデンティティ活用
開催日時  :  2022-01-24(月) 13:30~16:30
BtoB決済プラットフォーマーのビジネス事例研究
開催日時  :  2022-01-21(金) 13:30~16:30
銀行の新たな店舗戦略と事務改革
開催日時  :  2022-01-21(金) 9:30~12:30
本邦経済価値ソルベンシー規制の動向及び実務上の課題
開催日時  :  2022-01-20(木) 13:30~16:30
生命保険会社におけるマネロン/テロ資金供与対策
開催日時  :  2022-01-19(水) 13:30~16:30
【立案担当者が解説】改正個人情報保護法の実務上の留意点
開催日時  :  2022-01-19(水) 9:30~12:30
【EXECUTIVE SYMPOSIUM】金融機関における内部監査の現状と高度化に向けた取り組み
開催日時  :  2022-01-18(火) 13:00~17:00
Embedded Financeの可能性と法的留意点
開催日時  :  2022-01-17(月) 13:30~16:30
非財務リスクの管理方法と今後の方向性
開催日時  :  2022-01-14(金) 9:30~12:30
【アーカイブ配信限定】金融庁「2021事務年度金融行政方針」が保険代理店に及ぼす影響
開催日時  :  2021-12-24(金) 13:00~13:00
【アーカイブ配信限定】FATF第4次対日相互審査結果を踏まえたAML/CFT対策
開催日時  :  2021-12-24(金) 13:00~13:00
【アーカイブ配信限定】チューリッヒ生命とエヌエヌ生命によるCX改革の全貌
開催日時  :  2021-12-24(金) 13:00~13:00
【アーカイブ配信限定】バーゼル規制《超入門》~初学者のためのゼロからのバーゼル規制~
開催日時  :  2021-12-24(金) 13:00~13:00
歴史的転換点を迎える保険業界の機会と脅威
開催日時  :  2021-12-23(木) 9:30~12:30
<重要ポイントを集中解説>改正個人情報保護法によるCookieへの対応実務
開催日時  :  2021-12-22(水) 9:30~11:00
2021年銀行法等改正・資金交付制度の概要と 地域金融機関の実務への影響
開催日時  :  2021-12-21(火) 13:30~16:30
金融機関におけるTCFDシナリオ分析と温室効果ガス測定・目標設定等の実務
開催日時  :  2021-12-21(火) 9:30~12:30
FATF審査結果を踏まえた中小・地域金融機関等のマネロン・テロ資金供与リスク管理
開催日時  :  2021-12-20(月) 13:30~16:30
【金融機関における内部監査実務シリーズ・知識習得第2回】本邦金融機関における効果的なリモート監査の実践手法
開催日時  :  2021-12-17(金) 13:30~16:30
生命保険会社の業績と収支構造の分析
開催日時  :  2021-12-17(金) 9:30~12:30
金融機関における市場リスク管理(初級)
開催日時  :  2021-12-16(木) 13:30~16:30
最新情報!ヘルスケアデータ利活用における法務・コンプラ実務の重要ポイント
開催日時  :  2021-12-15(水) 13:30~16:30
ポイント/決済サービスの最新動向とJRE POINT/Suica生活圏の構築
開催日時  :  2021-12-14(火) 13:30~16:30
貸倒引当金にかかる会計基準変更の最新動向と対応
開催日時  :  2021-12-14(火) 9:30~12:30
金融機関のコンダクトリスク管理
開催日時  :  2021-12-13(月) 13:30~16:30
【EXECUTIVE SYMPOSIUM】次世代金融ビジネスの展望
開催日時  :  2021-12-10(金) 13:30~16:30
一日で学ぶキャッシュレス決済の仕組みとルール
開催日時  :  2021-12-09(木) 9:30~16:30
船舶ファイナンスの実務
開催日時  :  2021-12-08(水) 13:30~16:30
【2022年】これからの地銀ビジネスと地銀再編
開催日時  :  2021-12-08(水) 9:30~12:30