セミナー情報

SEMINAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > 【リバイバル配信】基礎から考える海外ファンド投資の法務

【リバイバル配信】基礎から考える海外ファンド投資の法務

~LP投資家が押さえるべき実務上のポイント~
本セミナーは終了致しました。
受講区分 オンライン
配信期間 2023-02-09(木)13:00 ~ 2023-05-09 (火)13:00
講師
外国法共同事業法律事務所リンクレーターズ マネージング・アソシエイト 邑口 真央 氏
外国法共同事業法律事務所リンクレーターズ
マネージング・アソシエイト
邑口 真央 氏

(むらぐち まお)
経歴:2012年東京大学法学部卒業、2014年東京大学法科大学院修了。外資系法律事務所におけるグローバル投資ファンドチームの一員として、プライベート・エクイティ、ベンチャー・キャピタル、インフラストラクチャー、デット、不動産その他アセット・クラスを問わず、日本及び外国の顧客に対してファンドの組成・投資に係る契約上や規制法上のアドバイスを提供。近年では政府系ファンド、年金投資家や各種の機関投資家によるファンド投資案件に数多く従事している。2021年11月から2022年5月まで同事務所ロンドン・オフィスを拠点に業務。
資格:弁護士(第二東京弁護士会)

概要 ※本セミナーは2023/02/08に開催・収録したセミナーのリバイバル配信です。
※本セミナーは3時間20分のセミナーとなります。

海外のオルタナティブ・ファンドへのリミテッド・パートナーとしての投資に対する関心が高まるなか、多様なアセット・クラス、国際的な規制環境の変化やファンドの組成・運用に関する新たな手法の登場を受け、外国籍ファンドを取り巻く契約交渉の実務の重要性も格段に増しています。他方、その中心となるリミテッド・パートナーシップ契約等については常に基本となる概念や考え方が存在しており、そうした基礎的なポイントを重点的に押さえることで、ファンド契約における各種項目を的確に理解し、LP投資を行う自社としての要望事項も必要十分かつ柔軟に反映した形での現実的な契約交渉及び法務チェックが可能となります。
本セミナーでは、こうした投資ファンド特有の事情を念頭に、外国籍リミテッド・パートナーシップに共通して問題となる基本事項について、国内外で見られる投資家側としての具体的なプラクティス・各種対応の例に多数触れながら、基礎からの丁寧な解説を行います。

【本セミナーで得られること】
・海外ファンド投資に関する基礎的な知識と理解
・契約交渉及び法務レビューにおける実務対応とリーガルチェックポイント

【推奨対象】
金融機関、事業会社、年金基金等にてファンド投資を扱う部門責任者・実務担当者、法務部門
セミナー詳細 1.海外ファンド(組合型)投資の基本事項
(1)リミテッド・パートナーシップ(LPS)の基本ストラクチャー、関連当事者
(2)代表的な法域とビークル:ケイマン諸島、ルクセンブルク、米国デラウェア州など
(3)時系列から見るファンド投資(ストラクチャリング・契約交渉から投資活動、清算まで)
(4)レビューすべき書類:各種ファンド契約、共同投資や保証に係る契約、法律意見書など

2.リミテッド・パートナーシップ契約(LPA)のポイント
(1)ファンドの基本条件
(2)リミテッド・パートナー(LP)による出資
(3)ファンドの運営方法
(4)ジェネラル・パートナー(GP)、マネジャーの管理報酬及び組成・運営費用
(5)ファンドの投資活動
(6)投資収益の分配
(7)ファンドの会計、LPへの報告及び価値評価(Valuation)
(8)ファンドにおける利益相反とその対応
(9)ファンド当事者の変動:GP及びLPの地位譲渡、解任・変更、強制脱退
(10)その他:セカンダリー、損失補償、契約変更、守秘義務など

3.サブスクリプション契約、サイドレター、法律意見書その他のポイント
(1)各関連書類の目的、リミテッド・パートナーシップ契約との違い
(2)個別項目の検討:表明保証、AML・KYC対応、最恵国待遇条項、共同投資、有限責任など
(3)契約内容(LPA含む)の管理:社内チェックリスト及びテンプレートの作成

4.海外ファンドが遵守すべき金融商品取引法上の規制
(1)開示規制と私募
(2)私募・運用に関する登録義務とその例外:外国ファンド特例、適格機関投資家等特例業務など

5.国内投資家が遵守すべき日本法上の規制
(1)銀行法・独占禁止法、外為法など
(2)ファンド関連契約における対応


~受講者の声~
================================
LPAのレビューに役立つ目線で一貫したご解説をいただき、実務においても役に立つセミナーでした。

組合型の基本事項から契約レビューのポイントをわかりやすく整理いただき、その他法的な側面から留意すべき事項を実務に照らしながらご紹介いただけたのがよかったです。
================================
補足事項 ■開催形式:リバイバル配信(配信期間内は土日祝を含めいつでも何度でも視聴可能です)
■講義時間:約3時間20分
■視聴案内:お申込み後3営業日以内に「視聴に関するご案内・視聴URL」をお送りします。
■支払期限:お申込みから1か月以内にお支払いをお願いいたします。
____________________________

※個人の方ならびに、業種・業務内容等により参加をご遠慮いただく場合がございますので、ご了承ください。
※配信画面の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。
※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。
※講師との名刺交換は承っておりません。
※講師へのご質問は、ご送付する資料に記載の講師連絡先へ直接ご連絡ください。 
キャンセル
    ポリシー
※お申し込み後のキャンセルはお受けできませんのでご了承ください。
※イベント提供期間に視聴されなかった場合においても受講料のお支払が発生いたします。
※受講料をお支払いただいた方におかれましても、イベント提供期間外の動画提供ならびにご視聴は不可となっております。 
カテゴリ 法務/規制
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   E-mail : seminar-operation@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
申込規約・全額返金保証の規約
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF
【ショートセミナー】重要となる金融機関のオペレーショナル・レジリエンス
配信期間  :  2024-04-01(月) ~ 2024-12-20(金)
【長期配信】信託法セミナー~信託法・信託業法まるかじり~
配信期間  :  2024-04-01(月) ~ 2024-11-29(金)
【長期配信】<元金融庁保険課・弁護士が解説>実務担当者のための「少額短期保険業」のすべて
配信期間  :  2024-05-20(月) ~ 2024-11-20(水)
【長期配信】AI法規制がない日本の企業が採るべき重大リスク回避策と、金融機関の役割
配信期間  :  2024-04-19(金) ~ 2024-10-18(金)
実践的な保険負債の経済価値評価手法の習熟と金利リスクに関する理解
開催日時  :  2024-10-16(水) 9:30~12:30
【長期配信】保険業界における「独占禁止法」と「最善利益義務」の対応を踏まえた顧客本位の取組みの実践
配信期間  :  2024-04-15(月) ~ 2024-10-15(火)
保険募集実務ならびに保険代理店の品質管理における重要テーマ【2024年版】
開催日時  :  2024-08-29(木) 13:30~16:30
【長期配信】実践的な保険負債の経済価値評価手法の習熟と金利リスクに関する理解
配信期間  :  2024-02-09(金) ~ 2024-08-09(金)
金融機関のコンプライアンス・不祥事の動向と求められるガバナンスおよび3線管理態勢の見直しポイント
開催日時  :  2024-08-07(水) 9:30~12:30
【長期配信】実効的なリスクベース監査の実践に向けて内部監査人が押さえておくべきリスク管理と金融規制のポイント
配信期間  :  2024-01-25(木) ~ 2024-07-25(木)
基礎から学ぶ船舶ファイナンスの実務上のポイント
開催日時  :  2024-07-18(木) 9:30~12:30
保険会社の経済価値ベース規制最終化と導入に向けた対応【2024最新版】
開催日時  :  2024-07-10(水) 9:30~12:30
【EXECUTIVE SYMPOSIUM】保険募集における現状の課題と業務品質向上に向けた実務上の留意事項
開催日時  :  2024-06-28(金) 13:00~17:30
【リバイバル配信】規制の観点から見る、保険募集を巡る近時のトピックス
配信期間  :  2024-03-22(金) ~ 2024-06-21(金)
【長期配信】金融機関におけるモデル・リスク管理の概要と大規模言語モデル(生成系AI)の最新動向
配信期間  :  2023-12-20(水) ~ 2024-06-20(木)
【リバイバル配信】金融機関における外部委託の法務実務とリスク回避対応ポイント
配信期間  :  2024-03-15(金) ~ 2024-06-14(金)