過去のセミナー

OLD SEMINIARS
金融セミナーのセミナーインフォ > 過去のセミナー > 【会場受講】金融機関における非財務リスク管理の実務対応

【会場受講】金融機関における非財務リスク管理の実務対応

~バーゼルIIIの先のリスク管理へ~
本セミナーは終了致しました。
受講区分 会場
開催日時 2021-06-11(金) 13:30~16:30
講師 有限責任監査法人トーマツ
リスクアドバイザリー事業本部
ストレテジックリスク ディレクター
森 滋彦 氏

大手銀行持株会社リスク統括部署で、2017年から2019年までRAFやストレステストの高度化を推進。2002年以降、同銀行でリスク管理に主に従事し、東京、ロンドン支店で、信用リスク、市場・流動性リスク、オペレーショナルリスク等幅広くリスク管理に従事。2019年7月より現職にて、RAF、ストレステスト、非財務リスク管理のアドバイザリーに従事。Oxford大学MBA、LBS金融学修士

概要 バーゼルIII改革の議論が一巡し、いわゆる財務リスク管理、規制対応リスク管理の整備が着実に進むなか、足元の急速な金融テクノロジーの変化によるリスク管理範囲の拡大や、SDGs等にみられるようにステークホルダーの利益・不利益への関心の広がりに伴うリスク管理対象の拡大等により、非財務リスク管理に関心が集まっています。本講では、非財務リスク管理の定義、管理態勢、アプローチを俯瞰したうえで、個別の非財務リスク管理項目について、従来型のものと、新たなタイプのものに分けて、リスク特性と対応方法・アプローチについて個別に説明します。特に、気候変動リスクについては、足元関心が高いため、非財務リスク管理の一環としてアプローチの詳細を説明します。最後に、規制対応、内部管理対応等を踏まえた上で、各金融機関の今後の対応を展望します。
セミナー詳細 1.非財務リスク管理とは
(1)背景、定義、最近の動向
(2)管理態勢
(3)アプローチ

2.バーゼルIIIのリスク管理と非財務リスク管理
(1)バーゼルIIとIIIのオペレーショナルリスク管理
(2)内部管理としての非財務リスク管理

3.従来型の非財務リスク管理
(1)コンプライアンスリスク
(2)コンダクトリスク
(3)モデルリスク

4.新たなタイプの非財務リスク管理
(1)サードパーティリスク管理、オペレーショナルレジリエンス
(2)サイバーリスク
(3)デジタルリスク

5.気候変動リスク
(1)足元の動向
(2)アプローチ
(3)定量ツール

6.今後の展望
(1)規制環境・規制対応としての非財務リスク管理
(2)内部管理としての非財務リスク管理
(3)本邦金融機関としての対応

7.質疑応答 ※ 講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。会場受講の場合はPCはお使いいただけません。
補足事項 ※個人の方ならびに、業種・業務内容等により参加をご遠慮いただく場合がございますので、ご了承ください。

※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。 
カテゴリ
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF

該当データはありません。