資料販売

MATERIAL SALES
金融セミナーのセミナーインフォ > 資料販売 > 適格機関投資家等特例業務に関する検査実務

適格機関投資家等特例業務に関する検査実務

~プロ向け脱法ファンドに対する摘発強化の及ぼす影響~

※本セミナーは過去に開催したものです。現在は資料販売のみ行っており、セミナーへの募集は行っておりません。
※FAXによるお申し込みをご希望の場合は [申し込み用紙PDF] に必要事項をご記入の上、03-3239-6545 までご連絡下さい。
※資料は白黒印刷により製本した後、郵送にてお送り致します。

この資料を購入する
開催日時 2011-05-17(火) 13:30~16:00
講師 アンダーソン・毛利・友常法律事務所
宮本 甲一 弁護士

2003年3月慶應義塾大学法学部卒業 05年10月弁護士登録(第二東京弁護士会)・アンダーソン・毛利・友常法律事務所入所 08年5月から10年5月まで、証券取引等監視委員会事務局証券検査課において課長補佐・専門検査官として証券検査実務に携わる 現在、アンダーソン・毛利・友常法律事務所において、金融規制、金融取引、M&A、その他企業法務を幅広く取り扱う

資料価格 3,240円(消費税込み)
セミナー詳細 一部報道によれば、証券取引等監視委員会は、適格機関投資家等特例業務としてプロ向けのファンドの運用を行っている業者に対する監視・摘発を強化するものとされています。本セミナーでは、証券取引等監視委員会によるこれら適格機関投資家等特例業務についての監視・摘発の強化が、今後のファンド実務にどのような影響を及ぼすのかについて解説することを目的とします。また、前提としての適格機関投資家等特例業務についての基本的知識や法的諸問題を概観した上で、適格機関投資家等特例業務に関する検査指摘事例や検査手続の概要等をご紹介します。さらに、近時において、証券取引法制定以来「抜かずの宝刀」と言われながら使用されてこなかった緊急差止命令の申立制度が初めて利用されたことを踏まえ、この緊急差止命令の意義を適格機関投資家等特例業務との関係で一部取り上げます。

講義詳細
1.適格機関投資家等特例業務について
 (1)適格機関投資家等特例業務とは何か
 (2)適格機関投資家等特例業務の趣旨
 (3)適格機関投資家等特例業務の要件と効果
 (4)スキーム組成上の留意点
   ① ファンド・オブ・ファンズの場合
   ② 事業型ファンドの場合
   ③ クロスボーダー取引の場合

2.適格機関投資家等特例業務に関する検査指摘事例
 (1)適格機関投資家の関与が認められなかった事例
 (2)「不適合投資家」の関与が認められた事例
 (3)一般の投資家の人数要件の充足が認められなかった事例
 (4)その他の問題点

3.適格機関投資家等特例業務届出者に対する検査実務等
 (1)検査手続の概要
 (2)監督・行政処分
 (3)緊急差止命令(金商法192条1項)の申立てと調査権(金商法187条)
   ① 無登録業の事例  
   ② 無届募集の事例

4.摘発強化が適格機関投資家等特例業務に及ぼす影響

5. 質 疑 応 答  

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい
カテゴリ
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
この資料を購入する
※ カートやお申し込みフォームはSSLにより暗号化されています。個人情報が通信中に読み取られることはありません。
※ お申し込みフォームをご利用できない方は、以下のPDFを印刷し、FAX [ 03-3239-6545 ] にてお申し込みください。
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF PDF

該当データはありません。

該当データはありません。

メルマガ登録 テーマで探す
  • 法務・規制・リスク管理
  • 事業戦略・マーケティング
  • 会計・税務
  • 金融技術コース
業界で探す
  • 銀行
  • 保険
  • 証券・アセットマネジメント
  • リース・カード
FINANCE FORUM ニュースリリース
セミナー回数券 Fun to share 認定コンプライアンス・オフィサー