セミナー情報

SEMINIAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > 航空機ファイナンス取引/航空機売買取引の概要と法的留意点≪実践編≫

航空機ファイナンス取引/航空機売買取引の概要と法的留意点≪実践編≫

本セミナーは終了致しました。
受講区分 会場
開催日時 2019-09-13(金) 13:30~16:30
講師
西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士 渋川 孝祐 氏
西村あさひ法律事務所
パートナー弁護士
渋川 孝祐 氏

1998年東京大学法学部卒業 2006年ニューヨーク大学ロースクール卒業(LL.M.) 00年弁護士登録(第一東京弁護士会) 07年ニューヨーク州弁護士登録 航空機ファイナンス、船舶ファイナンスを中心とするアセット・ファイナンス取引、不動産流動化取引、買収ファイナンス取引その他のファイナンス案件を数多く手懸ける 開発途上国向け輸出金融等のクロスボーダー案件も多く取り扱っている 金融取引分野に関する講演多数 著作として「ファイナンス法大全(全訂版)」(共著・商事法務)など
18年Who’s Who Legal-Aviation/Shipping/Banking各受賞
18年IFLR 1000 - Banking/Structured Finance各受賞

概要 近年のローコストキャリアの就航、各航空会社による新規機材の導入、国産ジェット機の開発などにより、我が国の航空産業への注目度が増している。他方、歴史的な超低金利の中、各金融機関は昨今新たな投資分野の開拓が急務とされている。このような背景から、数年前より各金融機関等においても航空機を対象とするリースや売買のためのファイナンス取引に対する関心は非常に高まっており、また航空機担保ローンのセカンダリー取引も活発である。このような傾向は今後も継続していくと考えられる。
一方で、航空機を対象とするファイナンス取引は、複雑なストラクチャーが構築されるものが多く、また、ほぼ必然的にクロスボーダーの取引となるため、取り組みには専門的知識が不可欠となる。
本講演は、航空機のストラクチャードファイナンス取引(セカンダリー取引を含む)及び売買取引において必須となる知識について概説するものである。
セミナー詳細 1.航空機ファイナンス取引・航空機売買取引のストラクチャー
(1)日本型オペレーティングリース取引(JOL/JOLCO)
(2)純粋なオペレーティングリース取引
(3)日本型EETC
(4)航空機売買取引(現物売買型・信託受益権売買型)

2.航空機ファイナンス取引における担保
(1)航空機抵当
(2)リース契約上の権利譲渡
(3)保険金請求権譲渡
(4)補償請求権譲渡
(5)航空機エンジンを対象とする担保権
(6)ケープタウン条約

3.航空機ファイナンス取引・航空機売買取引におけるリスク
(1)関連当事者の信用リスク及び倒産時の取扱い
(2)全損リスク
(3)法令・税制変更リスク
(4)残価リスク
(5)その他

4.航空機担保ローンの売買取引における留意点
(1)デューデリジェンスのポイント
(2)担保の移転における留意点

5.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCのご使用等はご遠慮ください
補足事項 ※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。 
カテゴリ
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 050-1751-3239   E-mail : seminar@seminar-info.jp
個人情報の取り扱い・申込規約について
全額返金保証の規約
お問い合わせフォーム
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF

該当データはありません。