セミナー情報

SEMINIAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > 【データサイエンス実務基礎】AI事例創出への道具としての機械学習/ ディープラーニング技術

【データサイエンス実務基礎】AI事例創出への道具としての機械学習/ ディープラーニング技術

~最新技術開発動向と将来ビジネス展望、新たなAI事例創出に向けて~
本セミナーは終了しました。
開催日時 2018-09-13(木) 9:30~12:30
講師 DataRobot
チーフデータサイエンティスト
シバタ アキラ 氏

ロンドン大学修了(博士、 実験素粒子学)後、ロンドン大学やNYUにて研究員及び非常勤講師 NYU研究員時代に加速器データの統計モデル構築を行い「神の素粒子」ヒッグスボゾン発見に貢献  その後ボストン・コンサルティング・グループで小売り、IT、製薬、電機製造などの大企業をクライアントとし経営戦略コンサルタント ニュースキュレーションアプリ「カメリオ」を提供する白ヤギコーポレーションのFounder & CEOを経て、2015年より世界のトップデータサイエンティストが働くDataRobot, Inc.のデータサイエンティストとして日本マーケットを担当 人工知能を使ったデータ分析によるビジネス価値の創出が専門分野 「IMF-金融庁-日本銀行共催 FinTechコンファレンス(2018/4/16開催)」などでの講演経験豊富 DataRobot社はNTTデータや新日鉄住金ソリューションズなどと協業し企業におけるAI活用を加速するフルスタックソリューション提供をFinTech、エネルギー、保険、医療、製薬、健康管理などの分野で展開中

補足事項 ※回数券を使用してセットセミナーにお申込されます場合、2回分の回数券が必要となります。  
概要 AIとして知られる幅広い技術の中でも特に近年急激に技術進歩と応用範囲が拡大している機械学習・ディープラーニングについて、本セミナーではそれらをツールとして扱う視点から見た技術的基礎をお話しします。特に、AI技術では各種アルゴリズムへの注目が集まりがちですが、実際の利用に向けてはデータ解析手法を幅広に理解し、正しい期待値を持つことが活用への最も重要な一歩です。
本セミナーではデータ解析技術及びAI技術を俯瞰的にみることからはじめ、特に機械学習及びディープラーニングの技術的基礎に絞ってご紹介します。これらの技術が今どのように提供されているのかを理解し、またどのような種類の問題解決に応用ができるのか、最終的には事業実装を行っていく上で必要となる周辺技術についてもお話しします。
本セミナーではAIの技術的基礎に絞って理論的かつ体系的な解説をしますので、デモ体験とユースケースで機械学習/ディープラーニングを体感してから技術的基礎を学びたい方には、本セミナー受講前に第1回(8/30(木)13:30-16:30)セミナーと第2回(9/6(木)9:30-12:30)セミナーの受講をおすすめします。
また、包括的に機械学習/ディープラーニング技術を習得されたい方は3日間の「【データサイエンス実務入門&基礎】実用化事例から学ぶ機械学習/ディープラーニング~新たなAI事例創出に向けて~」コースを受講されることを強くおすすめします。コース全体を受講することにより、新たなAI事例創出に向けての基盤作りができますので、是非、コース受講をご検討ください。
セミナー詳細 1.なぜいま機械学習?
(1)データ活用のアプローチの理解
 (a)過去の分析からのインサイト抽出
 (b)予測モデルを使った定常的問題解決
 (c)新たな事業の創出を睨んだ攻めのデータ活用
(2)機械学習の発展の歴史におけるいま

2.どのような種類の問題解決に応用ができるのか
(1)分類(二値分類・多値分類)
(2)連続値(回帰・時系列回帰)
(3)異常値検知
(4)発展的利用方法
 (a)生成モデル
 (b)強化学習

3.データ解析技術及びAI技術の俯瞰
(1)機械学習以前の統計分析手法
(2)AIと機械学習の関係
(3)機械学習とディープラーニングの関係
(4)教師あり機械学習と教師なし機械学習

4.機械学習及びディープラーニングの技術的基礎
(1)教師あり機械学習アルゴリズム
 (a)回帰系モデル
 (b)決定木系モデル
 (c)ニューラルネット系モデル
 (d)サポートベクトルマシン
 (e)その他
(2)教師なし機械学習
 (a)異常値検知
 (b)クラスタリング
(3)技術利用における注意点
 (a)リーケージ・過学習
 (b)精度評価
 (c)モデル特性の解釈方法
 (d)解釈可能性を高めるための手段

5.機械学習技術の実践方法
(1)自社開発を行っていく上で必要となるツール
(2)機械学習の自動化を行うためのツール
(3)活用に向けたフレームワークとテーマの創出

6.事業実装を行っていく上で必要となる周辺技術
(1)データ管理
(2)モデルのデプロイ

7.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影、PCの使用等はご遠慮ください
カテゴリ 金融技術コース 事業戦略・マーケティング
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF
海外キャッシュレス・ニューリテール最前線
開催日時  :  2019-07-31(水) 13:30~16:30
保険実務で知っておきたい最新の医学知識
開催日時  :  2019-07-29(月) 13:30~16:30
コンビニ3強によるキャッシュレス化と金融事業戦略
開催日時  :  2019-07-26(金) 13:30~16:30
金融機関の顧客接点強化と収益向上戦略
開催日時  :  2019-07-12(金) 13:30~16:30
改正入管法に伴う金融分野でのビジネスチャンス
開催日時  :  2019-06-28(金) 13:30~16:30
EC2強間とモバイル3強との三つ巴競争
開催日時  :  2019-06-26(水) 13:30~16:30
決済サービス入門
開催日時  :  2019-06-17(月) 13:30~16:30
第一生命の認知症保険
開催日時  :  2019-06-14(金) 13:30~16:30
金融機関におけるデータ流通・利活用とAIの可能性
開催日時  :  2019-06-14(金) 9:30~12:30
ペイメントビジネスの現状・展望と成長分野の情報収集・活用のポイント
開催日時  :  2019-06-11(火) 9:30~12:30
【DOKODEMO】ペイメントビジネスの現状・展望と成長分野の情報収集・活用のポイント
開催日時  :  2019-06-11(火) 9:30~12:30
収益強化につながる銀行店舗改革の課題と対策
開催日時  :  2019-06-10(月) 13:30~16:30
金融業界に求められるAI・データマーケティング高度化の取り組み
開催日時  :  2019-05-31(金) 9:30~12:30
収益に直結する高齢者の期待に応えるリアル戦略
開催日時  :  2019-05-28(火) 13:30~16:30
【DOKODEMO】【Apple,Google等BIG5がもたらすバリューチェーン革命】デジタル医療・ヘルスケアビジネス2025
開催日時  :  2019-05-28(火) 9:30~12:30
【Apple,Google等BIG5がもたらすバリューチェーン革命】デジタル医療・ヘルスケアビジネス2025
開催日時  :  2019-05-28(火) 9:30~12:30
中国プラットフォーマーのビジネスモデル最新動向と金融機関の競争・提携ポイント
開催日時  :  2019-05-24(金) 13:30~16:30
金融機関で成果が出るRPAの進め方と推進体制、RPA+OCR/AIの連携
開催日時  :  2019-05-17(金) 13:30~16:30
キャッシュレス化推進に向けたQRコード決済の国内仕様の標準化
開催日時  :  2019-05-15(水) 13:30~16:30
【DOKODEMO】プラットフォーマーの現状・展望と成長ビジネス分野の情報収集・活用のポイント
開催日時  :  2019-05-14(火) 9:30~12:30
プラットフォーマーの現状・展望と成長ビジネス分野の情報収集・活用のポイント
開催日時  :  2019-05-14(火) 9:30~12:30
大きく動く決済/キャシュレス戦略・仮想通貨・金融機関―決済インフラの基本から最新事情・そして近未来まで
開催日時  :  2019-05-10(金) 9:30~12:30
PropTechにおける日米動向と今後の方向性
開催日時  :  2019-05-08(水) 13:30~16:30
保険業界のための女性マーケティング
IoTを活用した新ビジネス創出の可能性と課題
金融業界のための女性マーケティング
保険オムニチャネルの最新動向
スマートフォン決済サービスの国内市場の普及に向けた課題
TPPが生損保・制度共済に与える影響
メルマガ登録 テーマで探す
  • 法務・規制・リスク管理
  • 事業戦略・マーケティング
  • 会計・税務
  • 金融技術コース
業界で探す
  • 銀行
  • 保険
  • 証券・アセットマネジメント
  • リース・カード
FINANCE FORUM ニュースリリース
セミナー回数券 Fun to share