セミナー情報

SEMINIAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > 英国法最新規制動向と対応のポイント

英国法最新規制動向と対応のポイント

~EU GDPR(データ保護規則)対応の最新実務~
このセミナーに申し込む
開催日時 2018-02-23(金) 13:30~16:30
講師 TFC総合法律事務所
英国法弁護士
藤岡 輝行 氏

1980年ロンドン大学クイーンメアリーカレッジ経済学部卒 BSc. EconomicsHonours 2002年ロンドン大学クイーンメアリーカレッジ法学部卒 LLB. Honours 04年英国司法試験(LPC)に合格 McFaddens法律事務所に入所し司法修習生として実務経験を積む 05年在モスクワ法律事務所MZS & Partnersと提携し、ロシアでのリーガルアドバイス開始 10年藤岡法律事務所(現 TFC Legal)を設立 ロンドン大学経済学部卒業後、東京での商社勤を経て米国電気計装機器販売会社(Benfield ElectricInternational)東京法人社長として、主に海外プラント建設向けUL. Bs. 規格電気計装資材の調達 /納入業務に携わる 法学一筋ではなくビジネスの経験を生かした実践法務サービスの提供に努力している

参加費 web申込み35,420円 (FAX・PDF申込み36,420円 消費税・参考資料含む)
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内)[ 地図 ]
補足事項 ※講師とご同業にあたる方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。 
概要 英国法・EU法の解釈とその運用に際して根底に流れている思想は”Proportionality”です。
今回のセミナーでは、この”Proportionality”の具体的意味・実践的な英国法規則の理解とその対応方法について、EU離脱・一般データ保護規則(GDPR)・英国現代奴隷法(Modern Slavery Act)を例に挙げてご説明します。
国と文化が違えば立法の思想や法律の運用も異なります。これらは日本と英国、さらに英国とEU でも異なります。例えば、許認可の申請については、日本では条例で事細かく手順や必要提出書類が記載されており、それに従えば認可が下り、その後の規制対応も条文に記載されています。一方、英国・EUでは認可を得る手順は明確にされていますが、必要書類の密度、認可後のコンプライアンスに関しては事細かく記載されていません。各会社・各人の規模応じて”Proportional”な対応をしなければならない為です。
長年ロンドンで英国弁護士(Solicitor)として実務を行ってきた経験に基づき、英国法務の対応について日系企業の視点から明確にご説明します。
セミナー詳細 1.Brexit EU離脱の法的側面からの検証
(1)EUから離脱するための手続きの今
(2)金融・証券他金融庁の監督下にある業界への影響
(3)紛争解決に際してのEU法と英国法の関係 - 準拠法と管轄裁判所の優先権
(4)UKの対EU貿易への影響
(5)知的財産権へ与える影響

2.General Data Protection Regulation GDPR 対応実務
(1)Data Protection Directive 1995
(2)EU一般データ保護規則の概要
(3)影響を受ける日本の企業
(4)対応実務
(5)GDPR第83条 違反に対する多額な制裁金は本当か?

3.Modern Slavery Act英国現代奴隷法
(1)影響を受ける日本の企業
(2)奴隷の定義
(3)対応実務 Transparency in Supply Chain
(4)罰則

4.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影・PCの使用等はご遠慮ください
カテゴリ 法務・規制・リスク管理
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
このセミナーに申し込む
※ カートやお申し込みフォームはSSLにより暗号化されています。個人情報が通信中に読み取られることはありません。
※ お申し込みフォームをご利用できない方は、以下のPDFを印刷し、FAX [ 03-3239-6545 ] にてお申し込みください。
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF PDF
金融機関における内部監査・実践スキルの高度化
開催日時  :  2018-05-22(火) 9:30~12:30
リスクベース・アプローチによるマネロン・テロ資金供与リスク管理態勢の整備
開催日時  :  2018-04-26(木) 13:30~16:30
金融機関における3つのディフェンスラインの有効性とリスクカルチャーの醸成
開催日時  :  2018-04-25(水) 9:30~12:30
金融機関の対応すべき債権法改正への対応
開催日時  :  2018-04-24(火) 13:30~16:30
相続法改正に伴う金融機関の実務対応
開催日時  :  2018-04-24(火) 9:30~12:30
テクノロジーを活用したリスク・コンプライアンス管理態勢の変革
開催日時  :  2018-04-17(火) 9:30~12:30
船舶・海上コンテナファイナンス の実務と法的留意点≪実践編≫
開催日時  :  2018-04-11(水) 13:30~16:30
マイナス金利下の運用多様化を踏まえたリスク管理の高度化
開催日時  :  2018-04-10(火) 9:30~12:30
「平成29事務年度金融行政方針」と 「検査・監督基本方針」が金融機関に与える影響
開催日時  :  2018-04-06(金) 9:30~12:30
金融機関の取り組むべきAML/CFT態勢強化
開催日時  :  2018-04-04(水) 13:30~16:30
金融機関の内部通報制度運用の課題と改正ガイドライン対応
開催日時  :  2018-04-04(水) 9:30~12:30
外国籍公募・私募ファンドの法的諸問題
開催日時  :  2018-03-29(木) 9:30~12:30
平成29事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」が保険会社・保険代理店に及ぼす影響
開催日時  :  2018-03-28(水) 13:30~16:30
金融機関における顧客情報管理等に係る最新動向
開催日時  :  2018-03-28(水) 9:30~12:30
金融機関における競争法コンプライアンス 理論と実務上の留意事項
開催日時  :  2018-03-27(火) 13:30~16:30
「顧客本位の業務運営に関する原則」の実務対応
開催日時  :  2018-03-23(金) 13:30~16:30
バーゼル新自己資本比率規制の実務上のポイント≪基礎・応用≫
開催日時  :  2018-03-23(金) 9:30~12:30
金融機関の事務リスク管理≪事例研究編≫
開催日時  :  2018-03-15(木) 13:30~16:30
プライベート・エクイティ・ファンド投資とリスク管理
開催日時  :  2018-03-14(水) 9:30~12:30
クロスボーダー・リース取引の国際展開動向と実務上の諸問題
開催日時  :  2018-03-13(火) 13:30~16:30
国内外金融機関におけるサイバーセキュリティ・ガバナンス態勢構築の最新動向
開催日時  :  2018-03-13(火) 9:30~12:30
保険分野における販売手数料開示と展望
開催日時  :  2018-03-07(水) 9:30~12:30
避けては通れないアンチマネーロンダリング対応の要点
開催日時  :  2018-03-06(火) 13:30~16:30
アフラックにおける内部監査の高度化と取組事例
開催日時  :  2018-03-06(火) 10:00~12:30
IFRS とバーゼル規制の関係
開催日時  :  2018-03-05(月) 14:00~16:30
金融機関等におけるマネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策の高度化
開催日時  :  2018-02-26(月) 13:30~16:30
機械学習によるローン審査モデル
開催日時  :  2018-02-23(金) 9:30~12:30
保険代理店に求められる態勢整備の実務対応
乗合代理店が整備すべき態勢上の留意点
保険代理店の態勢整備における実務上の留意点
メルマガ登録 テーマで探す
  • 法務・規制・リスク管理
  • 事業戦略・マーケティング
  • 会計・税務
  • 金融技術コース
業界で探す
  • 銀行
  • 保険
  • 証券・アセットマネジメント
  • リース・カード
FINANCE FORUM ニュースリリース
セミナー回数券 Fun to share 認定コンプライアンス・オフィサー エクセレントサービス