セミナー情報

SEMINIAR INFORMATION
金融セミナーのセミナーインフォ > セミナー情報 > スマートフォンバンキングの事例研究

スマートフォンバンキングの事例研究

~ネットバンキング2.0の到来~
本セミナーは終了致しました。
受講区分 会場
開催日時 2013-07-02(火) 13:30~16:30
講師 株式会社NTTデータ経営研究所
金融コンサルティング本部
マネージャー
堤 大輔 氏

2001年東京大学経済学部卒。富士通株式会社、外資系金融情報ベンダー勤務を経て、08年NTTデータ経営研究所入社。主に金融機関リテール分野における店舗・渉外・インターネット等のチャネル戦略、住宅ローン等の商品戦略を対象としたコンサルティング・調査研究に従事。

概要 金融機関がインターネットバンキングサービスを始めて10年あまり。それまでは店舗・ATMでしか出来なかった金融取引を自宅に居ながら可能になった点で、ネットバンキングは、ある意味、金融業界に大きな変革をもたらしたと言える。提供メニューについても、従来は、残高照会や振込・振替等の一部の限定的な機能であったところ、最近では、投信販売や住宅ローン手続きなどの複雑な金融取引、操作性の高い直感的な画面提供や資産管理、家計管理といった付加価値サービスにまで広がりを見せている。環境面では、近年ネットの世界に起こっている変化に留意する必要がある。具体的には、スマートフォンの急速な普及、それをきっかけとしたネット上での消費者の多方向なコミュニケーション活性化等が挙げられる。従来のネットバンキング利用媒体はパソコン中心であった一方、スマホバンキングの利用も徐々に増加のきざしを見せており、パソコン向けサービスメニューがほぼ一巡した現在、スマホ向けサービスの充実化が、今後の金融機関におけるインターネットバンキング戦略の差別化要素になると考えられている。本セミナーでは、「ネットバンキング2.0」とも言えるスマホバンキングを中心とした近未来のサービスについて検証する。
セミナー詳細 1.ネットバンキングを取り巻く環境
(1)インターネット利用動向
 ~インターネット利用の広がり(モバイル含めて)
 ~グローバルレベル、国内でのスマートフォン拡大
 ~国内のスマートフォン利用動向 ~国内のソーシャルメディア利用動向
(2)ネットバンキングの消費者利用動向
 ~ネットバンキング利用率、利用しない理由等
 ~ネットバンキングへの満足度等
(3)スマホバンキングの消費者利用動向
 ~スマホバンキング利用率・今後の利用意向
 ~米国でのスマホバンキング利用動向

2.国内スマホバンキングの現状
(1)スマホバンキングにおけるサービスの考え方
 ~ブラウザベースの金融サービス
 ~アプリベースの金融サービス 
 ~アプリベースの金融以外の付加価値サービス
(2)国内金融機関のスマホバンキング取り組み動向

3.海外における先進的な取り組み
(1)海外におけるスマホバンキングのトレンド
 ~アプリベースの付加価値サービス
 ~スマホを活用した新たな決済サービス 
(2)海外におけるソーシャルメディア活用
 ~ソーシャルメディアを活用した顧客誘導
 ~ソーシャルメディア上の情報分析(ビッグデータ) 
 ~ソーシャルメディア決済

4.今後のスマホバンキングを中心とした「ネットバンキング2.0」の姿と課題
(1)ネットバンキング2.0の姿
 ~非接触IC等を活用したO2Oサービス
 ~付加価値アプリケーションの広がり 
(2)スマホバンキングのセキュリティ面の課題
 ~スマホバンキングにおける現在のセキュリティリスク
 ~セキュリティリスクに対する今後の対応策  

5.質 疑 応 答

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい
カテゴリ
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   E-mail : seminar-operation@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
申込規約・全額返金保証の規約
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF

該当データはありません。