新着セミナー

NEW SEMINIARS
金融セミナーのセミナーインフォ > 新着セミナー情報

新着セミナー

47 件中 1 ~ 47件を表示します
会場受講
開催日時 2020-08-05(水) 13:30~16:30
セミナー名 【会場受講】3時間で学ぶ資金決済法<重要基礎>
~キャッシュレス決済ビジネスと最新の規制動向を踏まえて~
講師 フォーカスエイド法律事務所
代表弁護士
(元:金融庁 企画市場局市場課専門官)
藤井 豪 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,790円 (資料代・消費税を含む) 
概要 近年、キャッシュレス決済は著しい速度で拡大しており国民にとっても馴染みのある言葉となりました。他方でその仕組みや法的性格については一様ではなくこれを正確に理解することは必ずしも容易ではありません。 本セミナーでは、現在このようなビジネスについて検討を進めていらっしゃる方やFinTechビジネスの法的側面について理解を深めたい方を対象に、キャッシュレス決済ビジネスの中核を担う規制法である資金決済法の外観を解説すると共に、具体的なビジネスモデルに当てはめながら同法の理解を深めることを目的としております。また、キャッシュレス決済ビジネスに関わる他の法令についても触れつつ、現在の規制動向についても解説いたします。 
補足事項 ※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※4/27から開催が延期になりました。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-05(水) 13:30~16:30
セミナー名 【DOKODEMO】3時間で学ぶ資金決済法<重要基礎>
~キャッシュレス決済ビジネスと最新の規制動向を踏まえて~
講師 フォーカスエイド法律事務所
代表弁護士
(元:金融庁 企画市場局市場課専門官)
藤井 豪 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,790円 (資料代・消費税を含む) 
概要 近年、キャッシュレス決済は著しい速度で拡大しており国民にとっても馴染みのある言葉となりました。他方でその仕組みや法的性格については一様ではなくこれを正確に理解することは必ずしも容易ではありません。 本セミナーでは、現在このようなビジネスについて検討を進めていらっしゃる方やFinTechビジネスの法的側面について理解を深めたい方を対象に、キャッシュレス決済ビジネスの中核を担う規制法である資金決済法の外観を解説すると共に、具体的なビジネスモデルに当てはめながら同法の理解を深めることを目的としております。また、キャッシュレス決済ビジネスに関わる他の法令についても触れつつ、現在の規制動向についても解説いたします。 
補足事項 ※4/27から開催が延期になりました。
※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。
 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-05(水) 9:30~12:30
セミナー名 【会場受講】AI、Insurtech、ヘルスケア、人生100年時代・・・保険会社が成長ビジネス分野を先取りするための情報収集・活用のポイント
講師 株式会社日本能率協会総合研究所
MDB事業本部 副本部長
菊池 健司 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,450円 (資料代・消費税を含む) 
概要 生命保険会社、損害保険会社においても、世の中の変化や顧客の変化をいかに先読みしていくかが問われる時代です。保険ビジネスのこれからの流れは速く、自社の未来を描くためには、二歩先位の「変化」を想定していく必要があるでしょう。しかも、2020年はコロナショックが起こり、さらに視点を変える必要が出てきました。 そこで今回お伝えしたいのが、「先読み」「未来探索」のために必要な「情報収集・活用手法」です。ビジネスで成功するためには、「情報収集・活用手法」をマスターしておく必要があります。その巧拙が企業活動の成否を分けると言っても過言ではありません。事実、市場の読み解き方、成長ビジネスの探索法、注目企業のピックアップ等々様々な局面において、優勝劣敗の流れが加速しています。本セミナーでは、実はあまり学ぶ機会がない情報収集手法の解説はもとより、特に保険会社が先取りしなくてはならない成長ビジネスにフォーカスし、情報を通じた読み解き方や発想法について詳しく解説していきます。 数年後の生損保の未来像を描くためにも、ウィズコロナ時代のビジネスそして人生100年時代のビジネスを想起するためにも是非お聞きいただきたい内容です。 
補足事項 ※参加者全員に、参加特典『成長ビジネス探索必見情報源リスト』を進呈します。
※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-05(水) 9:30~12:30
セミナー名 【DOKODEMO】AI、Insurtech、ヘルスケア、人生100年時代・・・保険会社が成長ビジネス分野を先取りするための情報収集・活用のポイント
講師 株式会社日本能率協会総合研究所
MDB事業本部 副本部長
菊池 健司 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,450円 (資料代・消費税を含む) 
概要 生命保険会社、損害保険会社においても、世の中の変化や顧客の変化をいかに先読みしていくかが問われる時代です。保険ビジネスのこれからの流れは速く、自社の未来を描くためには、二歩先位の「変化」を想定していく必要があるでしょう。しかも、2020年はコロナショックが起こり、さらに視点を変える必要が出てきました。 そこで今回お伝えしたいのが、「先読み」「未来探索」のために必要な「情報収集・活用手法」です。ビジネスで成功するためには、「情報収集・活用手法」をマスターしておく必要があります。その巧拙が企業活動の成否を分けると言っても過言ではありません。事実、市場の読み解き方、成長ビジネスの探索法、注目企業のピックアップ等々様々な局面において、優勝劣敗の流れが加速しています。本セミナーでは、実はあまり学ぶ機会がない情報収集手法の解説はもとより、特に保険会社が先取りしなくてはならない成長ビジネスにフォーカスし、情報を通じた読み解き方や発想法について詳しく解説していきます。 数年後の生損保の未来像を描くためにも、ウィズコロナ時代のビジネスそして人生100年時代のビジネスを想起するためにも是非お聞きいただきたい内容です。 
補足事項 ※参加者全員に、参加特典『成長ビジネス探索必見情報源リスト』を進呈します。
※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-06(木) 9:30~12:30
セミナー名 【会場受講】個別化医療実現を目指したゲノム研究の現状・課題と展望
講師 東北大学大学院情報科学研究科
教授
木下 賢吾 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 34,970(資料代・消費税を含む) 
概要 がんゲノム解析の保険適用をはじめとして、遺伝子に基づいた個別化医療としてのゲノム医療が本格的に実現しつつある。本セミナーでは、がんゲノム医療の現状を踏まえつつ、より幅広く、個人のゲノム情報に基づいた個別化医療に関しての現状と今後の課題・展望を述べる。 特に、遺伝子と環境要因が複雑に絡み合う多因子疾患に対する個別化医療推進のための課題を検討し、昨今重要になってきている前向きゲノムコホート研究についての国内外の状況を概観しつつ、医療情報とゲノム情報を統合したパーソナル・ヘルスマネジメント社会についての展望を述べる。 
補足事項 ※本セミナーは5/29から延期となりました。
※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-06(木) 9:30~12:30
セミナー名 【DOKODEMO】個別化医療実現を目指したゲノム研究の現状・課題と展望
講師 東北大学大学院情報科学研究科
教授
木下 賢吾 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 34,970(資料代・消費税を含む) 
概要 がんゲノム解析の保険適用をはじめとして、遺伝子に基づいた個別化医療としてのゲノム医療が本格的に実現しつつある。本セミナーでは、がんゲノム医療の現状を踏まえつつ、より幅広く、個人のゲノム情報に基づいた個別化医療に関しての現状と今後の課題・展望を述べる。 特に、遺伝子と環境要因が複雑に絡み合う多因子疾患に対する個別化医療推進のための課題を検討し、昨今重要になってきている前向きゲノムコホート研究についての国内外の状況を概観しつつ、医療情報とゲノム情報を統合したパーソナル・ヘルスマネジメント社会についての展望を述べる。 
補足事項 ※本セミナーは5/29から延期となりました。
※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-06(木) 13:30~16:30
セミナー名 【会場受講】金融機関が取り組むべきDX実現までのポイント
講師 Promontory Financial Japan,
an IBM Company
Managing Director
江見 明弘 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,370 円 (資料代・消費税を含む) 
概要 金融機関の収益環境はかってない厳しいものとなっており、金融機関は新たな有益機会を求めて模索している。一方、クラウド、ブロックチェーン、AIといった新たなIT技術が急速に進化しているが、金融機関がそれらを有効活用しているとは言い難い状況である。金融機関が正しい方向でデジタルトランスフォーメーションを実現し、新たな収益機会を獲得するためにはどうすればよいのか。本講演では、金融機関のデジタルトランスフォーメーションの一つの方向性として、蓄積したビッグデータを有効活用し、内部から事業を変革することが可能な企業(コグニティブ・エンタープライズ)として脱皮し、プラットフォーム型ビジネスを創出することを提案するとともに、そのために留意すべき事項を解説する。 
補足事項 ※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-06(木) 13:30~16:30
セミナー名 【DOKODEMO】金融機関が取り組むべきDX実現までのポイント
講師 Promontory Financial Japan,
an IBM Company
Managing Director
江見 明弘 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,370 円 (資料代・消費税を含む) 
概要 金融機関の収益環境はかってない厳しいものとなっており、金融機関は新たな有益機会を求めて模索している。一方、クラウド、ブロックチェーン、AIといった新たなIT技術が急速に進化しているが、金融機関がそれらを有効活用しているとは言い難い状況である。金融機関が正しい方向でデジタルトランスフォーメーションを実現し、新たな収益機会を獲得するためにはどうすればよいのか。本講演では、金融機関のデジタルトランスフォーメーションの一つの方向性として、蓄積したビッグデータを有効活用し、内部から事業を変革することが可能な企業(コグニティブ・エンタープライズ)として脱皮し、プラットフォーム型ビジネスを創出することを提案するとともに、そのために留意すべき事項を解説する。 
補足事項 ※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-18(火) 13:30~16:30
セミナー名 【会場受講】【金融×内部監査高度化シリーズ第5回】経営監査に向けた不正対応・営業拠点監査スキル
講師 株式会社電研
内部監査高度化センター所長
(前 金融庁検査局統括検査官第6部門長)
武藤 制揮 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,450円(資料代・消費税を含む) 
概要 金融庁は「コンプライアンス・リスク管理に関する検査・監督の考え方」(コンプライアンス・リスク管理基本方針)および「コンプライアンス・リスク管理に関する傾向と課題」を公表し、コンプライアンスについてもリスクベース・アプローチを求めている中で、金融機関の内部監査における不正対応の課題にも言及しています。 本セミナーにおいては、内部監査の重要な目的である不正の端緒の把握および調査について、金融検査における不正摘発の豊富な経験と、監査法人における外部評価の経験に基づき、効果的な着眼ポイントと展開手法についてご説明します。 また、営業拠点監査は、経営監査に向けた取組みの中で、従来以上にその重要性が増しており、各金融機関において蓄積された取組手法に加えて、さらにプラスアルファとなるキーポイントについてご説明します。 
補足事項 ※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。  
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-18(火) 13:30~16:30
セミナー名 【DOKODEMO】【金融×内部監査高度化シリーズ第5回】経営監査に向けた不正対応・営業拠点監査スキル
講師 株式会社電研
内部監査高度化センター所長
(前 金融庁検査局統括検査官第6部門長)
武藤 制揮 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,450円(資料代・消費税を含む) 
概要 金融庁は「コンプライアンス・リスク管理に関する検査・監督の考え方」(コンプライアンス・リスク管理基本方針)および「コンプライアンス・リスク管理に関する傾向と課題」を公表し、コンプライアンスについてもリスクベース・アプローチを求めている中で、金融機関の内部監査における不正対応の課題にも言及しています。 本セミナーにおいては、内部監査の重要な目的である不正の端緒の把握および調査について、金融検査における不正摘発の豊富な経験と、監査法人における外部評価の経験に基づき、効果的な着眼ポイントと展開手法についてご説明します。 また、営業拠点監査は、経営監査に向けた取組みの中で、従来以上にその重要性が増しており、各金融機関において蓄積された取組手法に加えて、さらにプラスアルファとなるキーポイントについてご説明します。 
補足事項 ※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-18(火) 9:30~12:30
セミナー名 【会場受講】金融機関・保険会社におけるビッグデータ分析と利活用の勘所
~既存ビジネスにおける収益拡大と事業開発に向けて~
講師 有限責任あずさ監査法人
金融事業部 金融アドバイザリー部
マネジャー
浪岡 慎太郎 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,600円 (資料代・消費税を含む) 
概要 大量のデータを分析することで新たな知見を見出し、収益向上に向けた取組みにつなげようとする動きが顕著になっている。背景にはIoTやテクノロジーの進展によって蓄積可能なデータの種類及び量の飛躍的増加、PCの高性能化や新たな統計分析ツールの登場、個人データの第三者提供に係る法制度の整備の3つの要素がある。金融機関はこれらの外部環境の変化を踏まえ「データ活用を推進する組織」、「データ分析の基盤と分析ツール」、「データ分析の人材」を整備し「ビッグデータ分析結果の施策・新規事業開発への活用」へとつなげていく必要がある。本セミナーではビッグデータ分析のプロジェクトマネジメント担当者が効果的に業務を推進するためのポイントについて解説を行う。 
補足事項 ※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-18(火) 9:30~12:30
セミナー名 【DOKODEMO】金融機関・保険会社におけるビッグデータ分析と利活用の勘所
~既存ビジネスにおける収益拡大と事業開発に向けて~
講師 有限責任あずさ監査法人
金融事業部 金融アドバイザリー部
マネジャー
浪岡 慎太郎 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,600円 (資料代・消費税を含む) 
概要 大量のデータを分析することで新たな知見を見出し、収益向上に向けた取組みにつなげようとする動きが顕著になっている。背景にはIoTやテクノロジーの進展によって蓄積可能なデータの種類及び量の飛躍的増加、PCの高性能化や新たな統計分析ツールの登場、個人データの第三者提供に係る法制度の整備の3つの要素がある。金融機関はこれらの外部環境の変化を踏まえ「データ活用を推進する組織」、「データ分析の基盤と分析ツール」、「データ分析の人材」を整備し「ビッグデータ分析結果の施策・新規事業開発への活用」へとつなげていく必要がある。本セミナーではビッグデータ分析のプロジェクトマネジメント担当者が効果的に業務を推進するためのポイントについて解説を行う。 
補足事項 ※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-19(水) 13:30~17:30
セミナー名 【会場受講】クラウド推進の実務と人材育成のベストプラクティス
~組織的取組の実践体系と金融機関の事例から知る具体策~
講師 一般社団法人日本クラウド
セキュリティアライアンス(CSAJ)
副会長
渥美 俊英 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,870円(資料代・消費税を含む) 
概要 金融機関のクラウド利用が急速に進展しており、単なるオンプレミスの代替ではなく、システム開発やビジネスのあり方、ガバナンス、求められる人材像まで大きな変化が起きています。本格的なクラウドは多数の標準化されたサービスを組合せて利用するため、国内外での多くの事例からベストプラクティス(優れた実践パターン)があり、これを理解することがクラウド活用の重要なポイントになります。本講演では、金融機関のクラウド推進活動の進め方とそれを担う人材育成に関して、幾多の実践事例を参考に紹介し、ベストプラクティスをわかり易く具体的に解説いたします。また、クラウドを活用するにあたり、現状のシステムをそのままクラウドに移行するレベルからクラウドならではの機能を活用し効果を高めるパターンとアーキテクチャ、および今後のIT活用に欠くことのできないクラウドを活用したAI/深層学習の人材育成に関しても解説いたします。 想定受講者: ・業種・・・金融機関、FinTech事業者、SIerなど ・職務・・・監査、リスク管理、企画、情シス、経営幹部、事業部門など ・これからクラウドに取組む役割、および既に取組んでいるが更に加速させたい役割の方々 ・AWSやクラウドの知識は特に前提としません。基本的知識から概説いたします。 講師のSIerとAWSの両方の社員経歴と、金融機関向けのクラウド推進活動、業界団体、コミュニティの豊富な経験ならではの内容は具体的実践的で、受講者のクラウド活用に大きな参考となります。 
補足事項 ※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。  
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-19(水) 13:30~17:30
セミナー名 【DOKODEMO】クラウド推進の実務と人材育成のベストプラクティス
~組織的取組の実践体系と金融機関の事例から知る具体策~
講師 一般社団法人日本クラウド
セキュリティアライアンス(CSAJ)
副会長
渥美 俊英 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,870円(資料代・消費税を含む) 
概要 金融機関のクラウド利用が急速に進展しており、単なるオンプレミスの代替ではなく、システム開発やビジネスのあり方、ガバナンス、求められる人材像まで大きな変化が起きています。本格的なクラウドは多数の標準化されたサービスを組合せて利用するため、国内外での多くの事例からベストプラクティス(優れた実践パターン)があり、これを理解することがクラウド活用の重要なポイントになります。本講演では、金融機関のクラウド推進活動の進め方とそれを担う人材育成に関して、幾多の実践事例を参考に紹介し、ベストプラクティスをわかり易く具体的に解説いたします。また、クラウドを活用するにあたり、現状のシステムをそのままクラウドに移行するレベルからクラウドならではの機能を活用し効果を高めるパターンとアーキテクチャ、および今後のIT活用に欠くことのできないクラウドを活用したAI/深層学習の人材育成に関しても解説いたします。 想定受講者: ・業種・・・金融機関、FinTech事業者、SIerなど ・職務・・・監査、リスク管理、企画、情シス、経営幹部、事業部門など ・これからクラウドに取組む役割、および既に取組んでいるが更に加速させたい役割の方々 ・AWSやクラウドの知識は特に前提としません。基本的知識から概説いたします。 講師のSIerとAWSの両方の社員経歴と、金融機関向けのクラウド推進活動、業界団体、コミュニティの豊富な経験ならではの内容は具体的実践的で、受講者のクラウド活用に大きな参考となります。 
補足事項 ※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
開催日時 2020-08-20(木) 9:30~12:30
セミナー名 【会場受講】3時間で学ぶ新規事業開発の実践
~事例研究で理解を深める・有効なビジネスモデル創造のプロセス~
講師 株式会社NTTデータ経営研究所
白橋 賢太朗 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,220円 (資料代・消費税を含む) 
概要 新サービスを提供する場合には、「商品・サービスのあるべき姿」や「誰がそれを買ってくれるか」が分かっていないため、ビジネスプランを立ててもロードマップとしては役に立たない。その結果、間違った思い込みをしてしまい、新規事業が行き詰ってしまう。 本講演では、コンサルティング支援の中で得られた気づきや“勘所”について、ビジネスに精通した講師が、新規事業・新商品開発時の実践におけるプロセスごとの間違った思い込み(=落とし穴)の具体事例をいくつかを取り上げながら解説を進める。セミナーを通じて、事業開発において留意すべきポイントとプロセスを理解することで、明日からの実務に生かしていただきたい。 
補足事項 ※講師とご同業にあたる方・個人はご参加をお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-20(木) 9:30~12:30
セミナー名 【DOKODEMO】3時間で学ぶ新規事業開発の実践
~事例研究で理解を深める・有効なビジネスモデル創造のプロセス~
講師 株式会社NTTデータ経営研究所
白橋 賢太朗 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,220円 (資料代・消費税を含む) 
概要 新サービスを提供する場合には、「商品・サービスのあるべき姿」や「誰がそれを買ってくれるか」が分かっていないため、ビジネスプランを立ててもロードマップとしては役に立たない。その結果、間違った思い込みをしてしまい、新規事業が行き詰ってしまう。 本講演では、コンサルティング支援の中で得られた気づきや“勘所”について、ビジネスに精通した講師が、新規事業・新商品開発時の実践におけるプロセスごとの間違った思い込み(=落とし穴)の具体事例をいくつかを取り上げながら解説を進める。セミナーを通じて、事業開発において留意すべきポイントとプロセスを理解することで、明日からの実務に生かしていただきたい。 
補足事項 ※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。
 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-20(木) 13:30~16:30
セミナー名 【会場受講】職場におけるパワーハラスメントと内部通報
~近時の法改正と具体的事例を踏まえて~
講師 田辺総合法律事務所
パートナー弁護士
公認会計士
東 浩 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,900円 (資料代・消費税を含む) 
概要 2020年6月にパワーハラスメント関連法が施行され、職場におけるパワハラ防止対策が事業主に義務付けられることになった。そして、防止措置等についての指針には、パワハラに該当すると考えられる例と、該当しないと考えられる例とが挙げられているが、実際にはその中間にある事例など判断に迷う場合も多い。そこで、具体的事例について、パワハラ該当性についての判例の基準や企業側の処分基準などを紹介したうえ、職場におけるパワハラの現況と防止対策(今回の措置義務及び企業側の取り組み実例)について解説する。 また、パワーハラスメントは、内部通報がなされることも多く、そこでの企業側の対応には、パワハラと内部通報双方への十分な理解が必要となる。そこで、公益通報者保護法改正、認証制度、民間事業者向けガイドライン改正など近時の内部通報制度の動向を踏まえたパワハラ対応のポイントを解説する。 
補足事項 ※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-20(木) 13:30~16:30
セミナー名 【DOKODEMO】職場におけるパワーハラスメントと内部通報
~近時の法改正と具体的事例を踏まえて~
講師 田辺総合法律事務所
パートナー弁護士
公認会計士
東 浩 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,900円 (資料代・消費税を含む) 
概要 2020年6月にパワーハラスメント関連法が施行され、職場におけるパワハラ防止対策が事業主に義務付けられることになった。そして、防止措置等についての指針には、パワハラに該当すると考えられる例と、該当しないと考えられる例とが挙げられているが、実際にはその中間にある事例など判断に迷う場合も多い。そこで、具体的事例について、パワハラ該当性についての判例の基準や企業側の処分基準などを紹介したうえ、職場におけるパワハラの現況と防止対策(今回の措置義務及び企業側の取り組み実例)について解説する。 また、パワーハラスメントは、内部通報がなされることも多く、そこでの企業側の対応には、パワハラと内部通報双方への十分な理解が必要となる。そこで、公益通報者保護法改正、認証制度、民間事業者向けガイドライン改正など近時の内部通報制度の動向を踏まえたパワハラ対応のポイントを解説する。 
補足事項 ※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-21(金) 9:30~12:30
セミナー名 【会場受講】生命保険会社のALM実務入門
~市場リスク管理基礎から対応実務準備まで~
講師 ジブラルタ生命保険株式会社
米国会計数理チーム
チームリーダー
佐藤 宏幸 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,630円 (資料代・消費税を含む) 
概要 保険会社にとって最も大事なことは、保険事故が発生したときに、お客様に寄り添い、保険金をお支払いすることにある。そのために、将来の保険金支払いに備え積み立てる保険負債を適切に評価し、それに対応して資産運用ポートフォリオを構築し、ALM(資産と負債の総合管理)を行う必要がある。ALMの遂行に当たっては、資産と負債それぞれに関連するリスクの管理だけでなく、JGAAPやUSGAAP、経済価値ベースといった複眼的な視点で資本を守らないと、契約者保護ができず市場から退場を命ぜられたり、投資家から見て魅力のない投資先になることに留意する必要がある。 本講演では、ALMを行う際に留意すべき基本的な事柄についての概要をお伝えしたうえで、保険キャッシュフローの見積もりの困難さや面白さ、また保険キャッシュフローの特徴を踏まえた資産ポートフォリオの組み立て方について考察する。さらに、経済状況の変動や契約者行動の変動が、会計面や経済価値評価においてどのように作用するのかも見てみる。 
補足事項 ※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。  
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-21(金) 9:30~12:30
セミナー名 【DOKODEMO】生命保険会社のALM実務入門
~市場リスク管理基礎から対応実務準備まで~
講師 ジブラルタ生命保険株式会社
米国会計数理チーム
チームリーダー
佐藤 宏幸 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,630円 (資料代・消費税を含む) 
概要 保険会社にとって最も大事なことは、保険事故が発生したときに、お客様に寄り添い、保険金をお支払いすることにある。そのために、将来の保険金支払いに備え積み立てる保険負債を適切に評価し、それに対応して資産運用ポートフォリオを構築し、ALM(資産と負債の総合管理)を行う必要がある。ALMの遂行に当たっては、資産と負債それぞれに関連するリスクの管理だけでなく、JGAAPやUSGAAP、経済価値ベースといった複眼的な視点で資本を守らないと、契約者保護ができず市場から退場を命ぜられたり、投資家から見て魅力のない投資先になることに留意する必要がある。 本講演では、ALMを行う際に留意すべき基本的な事柄についての概要をお伝えしたうえで、保険キャッシュフローの見積もりの困難さや面白さ、また保険キャッシュフローの特徴を踏まえた資産ポートフォリオの組み立て方について考察する。さらに、経済状況の変動や契約者行動の変動が、会計面や経済価値評価においてどのように作用するのかも見てみる。 
補足事項 ※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-24(月) 13:30~16:30
セミナー名 【会場受講】必ず押さえるべき個人情報保護法改正内容と実務対応上の留意点
講師 西村あさひ法律事務所
パートナー弁護士
岩瀬 ひとみ 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,930円 (資料代・消費税を含む) 
概要 個人情報保護法の2015年改正の際に設けられた「いわゆる3年ごと見直し」による改正法が本年6月5日に成立した。今回の改正には、個人データの漏えい等の報告・通知の義務化、仮名加工情報という新しいカテゴリの創設、提供元では個人データに該当しないものの提供先において個人データとなる情報の第三者提供についての新たな規制、外国にある第三者への個人データの提供に係る規制の強化等、実務上対応が必要となる改正がいくつも含まれている。本セミナーでは、実務的に重要な点を中心に、改正法の内容と必要な対応や留意点等を解説する。 
補足事項 ※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※ こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-24(月) 13:30~16:30
セミナー名 【DOKODEMO】必ず押さえるべき個人情報保護法改正内容と実務対応上の留意点
講師 西村あさひ法律事務所
パートナー弁護士
岩瀬 ひとみ 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,930円 (資料代・消費税を含む) 
概要 個人情報保護法の2015年改正の際に設けられた「いわゆる3年ごと見直し」による改正法が本年6月5日に成立した。今回の改正には、個人データの漏えい等の報告・通知の義務化、仮名加工情報という新しいカテゴリの創設、提供元では個人データに該当しないものの提供先において個人データとなる情報の第三者提供についての新たな規制、外国にある第三者への個人データの提供に係る規制の強化等、実務上対応が必要となる改正がいくつも含まれている。本セミナーでは、実務的に重要な点を中心に、改正法の内容と必要な対応や留意点等を解説する。 
補足事項 ※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-25(火) 13:30~16:00
セミナー名 【会場受講】AI×RPAで仕掛けるコンプライアンス業務の新潮流
~お客さまとの面談記録モニタリングを通じて見えた実践効果~
講師 株式会社イオン銀行
法務・コンプライアンス部
統括マネージャー
小杉 剛雄 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 34,500円(資料代・消費税を含む) 
概要 今、金融業界では、投資信託などの勧誘を行った際、業務品質の向上や将来起こりうる苦情への対応などに向け、お客さまとのやりとりを面談記録として作成している。近年、フィデューシャリー・デューティーを背景としてこれらモニタリングの高度化が求められ、管理コストが増大している。更に、手数料無料化の流れやコロナ禍など、収益面・人員面でも逆風が吹いている。しかし、実際には、どのように管理コストを抑えつつAI・RPAを、どのように導入すれば効果が得られるのかわからない現実がある。 本セミナーでは、時代が求める適切な管理手法を低コスト・少人員で実現する打開策の一つとして、当行で実践しているAI・RPA活用事例の効果と導入のコツ、課題などについてご紹介させていただきます。 
補足事項 ※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-25(火) 13:30~16:00
セミナー名 【DOKODEMO】AI×RPAで仕掛けるコンプライアンス業務の新潮流
~お客さまとの面談記録モニタリングを通じて見えた実践効果~
講師 株式会社イオン銀行
法務・コンプライアンス部
統括マネージャー
小杉 剛雄 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 34,500円(資料代・消費税を含む) 
概要 今、金融業界では、投資信託などの勧誘を行った際、業務品質の向上や将来起こりうる苦情への対応などに向け、お客さまとのやりとりを面談記録として作成している。近年、フィデューシャリー・デューティーを背景としてこれらモニタリングの高度化が求められ、管理コストが増大している。更に、手数料無料化の流れやコロナ禍など、収益面・人員面でも逆風が吹いている。しかし、実際には、どのように管理コストを抑えつつAI・RPAを、どのように導入すれば効果が得られるのかわからない現実がある。 本セミナーでは、時代が求める適切な管理手法を低コスト・少人員で実現する打開策の一つとして、当行で実践しているAI・RPA活用事例の効果と導入のコツ、課題などについてご紹介させていただきます。 
補足事項 ※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-26(水) 13:30~16:30
セミナー名 【会場受講】変化を迎える金融サービスの最新トレンドと次のビジネスチャンス
~中央銀行デジタル通貨の概要と金融サービス仲介業の方向性~
講師 ソラミツ株式会社
宮沢 和正 氏 代表取締役社長
日本アイ・ビー・エム株式会社 
プロモントリー事業部
森 剛敏 氏 ディレクター 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,300円 (資料代・消費税を含む) 
概要 新型コロナ対応を受けて、ビジネススタイルや生活様式が大きく変化する中、金融サービスも非接触(デジタル化)、非対面(リモート化)をキーワードにサービスの在り方が変わりつつあります。そこで、金融デジタル化で良く話題に出てくる中央銀行デジタル通貨(CBDC)を既にカンボジアで実施している状況と今後日本でCBDCを導入するに際して、望ましい方向性やその課題と金融機関における対応策をご紹介します。 次に、今年法改正がなされている金融サービス仲介業とデジタル給与支払が解禁になる見込みです。その概要と今後の金融機関に対する影響(メリット・デメリット)について事例等を織り交ぜながら、ご説明します。この金融サービス仲介業は非対面化を推進する為の大きなツールであり、デジタル給与支払はデジタルマネーで直接給与を受け取るもので、これは金融のデジタル化推進に繋がります。 このCBDCや金融サービス仲介・デジタル給与の導入等で金融機関はどのように今後戦略を組み立てて行くべきかを電子マネーEdyの創業者でありCBDCやブロックチェーン技術の専門家と、全銀協の部会長として日銀ネットや全銀ネット改革を主導しメガ銀行で決済のプロとして活動してきた専門家がセミナー開催時の最新動向を盛り込み詳しく説明します。 
補足事項 ※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-26(水) 13:30~16:30
セミナー名 【DOKODEMO】変化を迎える金融サービスの最新トレンドと次のビジネスチャンス
~中央銀行デジタル通貨の概要と金融サービス仲介業の方向性~
講師 ソラミツ株式会社
宮沢 和正 氏 代表取締役社長
日本アイ・ビー・エム株式会社 
プロモントリー事業部
森 剛敏 氏 ディレクター 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,300円 (資料代・消費税を含む) 
概要 新型コロナ対応を受けて、ビジネススタイルや生活様式が大きく変化する中、金融サービスも非接触(デジタル化)、非対面(リモート化)をキーワードにサービスの在り方が変わりつつあります。そこで、金融デジタル化で良く話題に出てくる中央銀行デジタル通貨(CBDC)を既にカンボジアで実施している状況と今後日本でCBDCを導入するに際して、望ましい方向性やその課題と金融機関における対応策をご紹介します。 次に、今年法改正がなされている金融サービス仲介業とデジタル給与支払が解禁になる見込みです。その概要と今後の金融機関に対する影響(メリット・デメリット)について事例等を織り交ぜながら、ご説明します。この金融サービス仲介業は非対面化を推進する為の大きなツールであり、デジタル給与支払はデジタルマネーで直接給与を受け取るもので、これは金融のデジタル化推進に繋がります。 このCBDCや金融サービス仲介・デジタル給与の導入等で金融機関はどのように今後戦略を組み立てて行くべきかを電子マネーEdyの創業者でありCBDCやブロックチェーン技術の専門家と、全銀協の部会長として日銀ネットや全銀ネット改革を主導しメガ銀行で決済のプロとして活動してきた専門家がセミナー開催時の最新動向を盛り込み詳しく説明します。 
補足事項 ※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。  
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-27(木) 9:30~12:30
セミナー名 【会場受講】非常事態時における経理財務部門の『テレワーク』の課題と今後の対応
~財務経理スタッフの命と健康を守るために~
講師 一般社団法人日本CFO協会
主任研究委員 公認会計士
中田 清穂 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,150円 (資料代・消費税を含む) 
概要 新型コロナウイルスの感染拡大で、4月には緊急事態宣言が発令され、経理業務も少なからず影響を受けました。特に4月は、3月期決算企業の決算作業の真っ最中という、最悪のタイミングだったと言えるでしょう。一般社団法人日本CFO協会の調査でも、出社自粛の要請の中、身の危険と恐怖を感じながら、出社して作業をせざるを得ない実態が浮き彫りになりました。 他の部署がほとんど出社しない状況で、財務経理部門だけが出社して決算作業をしなければならない原因は何だったのか。原因は一つではありません。 本セミナーでは、財務経理部門でテレワークが円滑にはできない、様々な原因を整理して、その原因ごとに対応方法や考え方を解説します。最新のIT知識を生かす、組織と業務フローの変革など、財務経理部門にテレワークが根付くためのヒントになるでしょう。 
補足事項 ※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-27(木) 9:30~12:30
セミナー名 【DOKODEMO】非常事態時における経理財務部門の『テレワーク』の課題と今後の対応
~財務経理スタッフの命と健康を守るために~
講師 一般社団法人日本CFO協会
主任研究委員 公認会計士
中田 清穂 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,150円 (資料代・消費税を含む) 
概要 新型コロナウイルスの感染拡大で、4月には緊急事態宣言が発令され、経理業務も少なからず影響を受けました。特に4月は、3月期決算企業の決算作業の真っ最中という、最悪のタイミングだったと言えるでしょう。一般社団法人日本CFO協会の調査でも、出社自粛の要請の中、身の危険と恐怖を感じながら、出社して作業をせざるを得ない実態が浮き彫りになりました。 他の部署がほとんど出社しない状況で、財務経理部門だけが出社して決算作業をしなければならない原因は何だったのか。原因は一つではありません。 本セミナーでは、財務経理部門でテレワークが円滑にはできない、様々な原因を整理して、その原因ごとに対応方法や考え方を解説します。最新のIT知識を生かす、組織と業務フローの変革など、財務経理部門にテレワークが根付くためのヒントになるでしょう。 
補足事項 ※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-27(木) 13:30~16:30
セミナー名 【DOKODEMO・ZOOM受講限定】限られた時間で結果を出す時間術
~仕事成果、自分の時間、心の余裕、すべてが手に入る~
講師 営業サポート・コンサルティング株式会社
代表取締役 社長
菊原 智明 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,050円 (資料代・消費税を含む) 
概要 「仕事は増えているのに残業するな!」 企画・文書作成業務に、顧客・関係者とのコミュニケーション業務などなど、質の違う仕事を抱えて疲弊している人が少なくありません。 時間術を知らないまま働けば仕事が余計にうまくまわらない、という負のスパイラルに入ってしまいます。 ここから一刻も早く抜け出しましょう。 また、多く方が働き方改革で自由に残業ができなくなり、どう仕事をこなしていけばいいのか悩んでいます。 こんな悩みを抱えている方はぜひ時間術をマスターしてほしいと思っています。仕事術を学べば仕事の成果を出せるようになるのはもちろんのこと、自分の時間や心の余裕が手に入ります。 明日からすぐに使える実践的なノウハウを伝授いたします。 
補足事項 ※ こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。本セミナーは会場受講はございませんので、ご注意ください。
※ オンライン受講(DOKODEMOセミナー)のキャンセル期限は開催前日の12時です。(開催日1営業日前の13時に事前登録メールを送付するため。)
※ 本セミナーはZOOM(アーカイブ配信なし)を利用して配信します。
※ 本セミナーは体験学習型ワークショップです。参加者様全員のお顔が画面に表示されますので予めご了承ください。
※ 本セミナーはSlackのチャットを利用してワークショップを行います。申込み時に必ずSlackに登録可能なメールアドレスをフォームにご入力ください。開催日1営業日前に、ご登録のアドレスにSlackへのご招待メールをお送りします。
※参加者全員にサブテキストとして、『営業の働き方 大全』(日経BP社)を進呈いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講技術コース
開催日時 2020-08-27(木) 9:30~12:30
セミナー名 【会場受講】船舶ファイナンスの実務
~リストラクチャリング対応を含む法的留意点~
講師 PwC弁護士法人
カウンセル弁護士
神鳥 智宏 氏
 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 36,080円 (資料代・消費税を含む) 
概要 船舶ファイナンス取引は、伝統的なアセット・ファイナンス取引の一つですが、ストラクチャーそのものが複雑であり、パナマやリベリアをはじめとする海外法律事務所との連携・協働が必要となる案件も多く、実務上、船舶特有の留意事項がある。また、近年ではプロジェクト関係者の経済的な破綻等に伴って、リストラクチャリングが必要となる案件も出てきており、今後もそのような事態が発生することが見込まれる。 本講演では、船舶ファイナンス取引の基本的な事項について、典型的なストラクチャーをもとに説明したうえ、各契約及び担保設定に関し、レンダーや投資家の立場から検討するべきリスクやリストラクチャリング時に留意するべきポイントを解説します。  
補足事項 ※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講技術コース
開催日時 2020-08-27(木) 9:30~12:30
セミナー名 【DOKODEMO】船舶ファイナンスの実務
~リストラクチャリング対応を含む法的留意点~
講師 PwC弁護士法人
カウンセル弁護士
神鳥 智宏 氏
 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 36,080円 (資料代・消費税を含む) 
概要 船舶ファイナンス取引は、伝統的なアセット・ファイナンス取引の一つですが、ストラクチャーそのものが複雑であり、パナマやリベリアをはじめとする海外法律事務所との連携・協働が必要となる案件も多く、実務上、船舶特有の留意事項がある。また、近年ではプロジェクト関係者の経済的な破綻等に伴って、リストラクチャリングが必要となる案件も出てきており、今後もそのような事態が発生することが見込まれる。 本講演では、船舶ファイナンス取引の基本的な事項について、典型的なストラクチャーをもとに説明したうえ、各契約及び担保設定に関し、レンダーや投資家の立場から検討するべきリスクやリストラクチャリング時に留意するべきポイントを解説します。  
補足事項 ※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。
 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-28(金) 9:30~12:30
セミナー名 【会場受講】ヘルスケア産業のデジタル化とビジネス機会
~医療(検診)・健康データを活用したビジネスの要諦~
講師 株式会社野村総合研究所
主任コンサルタント
高田 篤史 氏
副主任コンサルタント
吉澤 友貴 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,350円 (資料代・消費税を含む) 
概要 医療・ヘルスケアの領域における、デジタル化に向けた取組はこれまで幾度となく国内で盛り上がりの気配を見せてきたものの、様々な課題や障壁により普及が遅れていた。しかし、2019年には、PHR(Personal Health Record:生涯型電子カルテ)検討会の発足や次世代医療基盤法の認定事業者の誕生等、いよいよ具体的に医療ビッグデータの有効活用を進めるための素地が整い始めた。このような制度が整備されていく中で、民間の事業者にはどのようなビジネス機会があるのか、またそのビジネスの要諦は何かについて議論をしていきたい。 
補足事項 4/30(木)から日程変更となりました。

※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。  
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-28(金) 9:30~12:30
セミナー名 【DOKODEMO】ヘルスケア産業のデジタル化とビジネス機会
~医療(検診)・健康データを活用したビジネスの要諦~
講師 株式会社野村総合研究所
主任コンサルタント
高田 篤史 氏
副主任コンサルタント
吉澤 友貴 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,350円 (資料代・消費税を含む) 
概要 医療・ヘルスケアの領域における、デジタル化に向けた取組はこれまで幾度となく国内で盛り上がりの気配を見せてきたものの、様々な課題や障壁により普及が遅れていた。しかし、2019年には、PHR(Personal Health Record:生涯型電子カルテ)検討会の発足や次世代医療基盤法の認定事業者の誕生等、いよいよ具体的に医療ビッグデータの有効活用を進めるための素地が整い始めた。このような制度が整備されていく中で、民間の事業者にはどのようなビジネス機会があるのか、またそのビジネスの要諦は何かについて議論をしていきたい。 
補足事項 4/30(木)から日程変更となりました。

※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-28(金) 13:30~16:30
セミナー名 【会場受講】FATF第四次相互審査とAML金融犯罪対策規制の今後、求められる実務対応の継続的な高度化
講師 NTTデータ ジェトロニクス株式会社
村田 隆洋 氏
株式会社日本経済新聞社
紙本 雄輔 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,690円 (資料代・消費税を含む) 
概要 FATF審査団による 11 年ぶりのオンサイト審査を終え、 2020年後半以降に第四次対日相互審査 の審査結果が公表される見通しですが、他国の審査結果や海外の規制動向を鑑みると、日本の相互審査においても、様々な指摘を受ける事が予想されています。特定事業者の中でも、特にDNFBPsと呼ばれる特定非金融機関及び職業専門家は、他国審査においてAML/CFT/金融犯罪対策対応の不備を指摘されており、監督当局による監視が強化される可能性があります。 本講演では、FATF第四次相互審査や米OFACを始めとする海外規制動向と課題、予想される法令改正、AML/CFT/金融犯罪対策の実務について整理しつつ、DNFBPsを始めとする特定事業者が、情報システム面からどのように対応を行っていくべきか、具体的な事例やソリューションを交えて解説いたします。主なアジェンダは以下の通りです。  
補足事項 ※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。

※6月4日に開催されたセミナーに最新の情報を加味しての再演です。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-28(金) 13:30~16:30
セミナー名 【DOKODEMO】FATF第四次相互審査とAML金融犯罪対策規制の今後、求められる実務対応の継続的な高度化
講師 NTTデータ ジェトロニクス株式会社
村田 隆洋 氏
株式会社日本経済新聞社
紙本 雄輔 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,690円 (資料代・消費税を含む) 
概要 FATF審査団による 11 年ぶりのオンサイト審査を終え、 2020年後半以降に第四次対日相互審査 の審査結果が公表される見通しですが、他国の審査結果や海外の規制動向を鑑みると、日本の相互審査においても、様々な指摘を受ける事が予想されています。特定事業者の中でも、特にDNFBPsと呼ばれる特定非金融機関及び職業専門家は、他国審査においてAML/CFT/金融犯罪対策対応の不備を指摘されており、監督当局による監視が強化される可能性があります。 本講演では、FATF第四次相互審査や米OFACを始めとする海外規制動向と課題、予想される法令改正、AML/CFT/金融犯罪対策の実務について整理しつつ、DNFBPsを始めとする特定事業者が、情報システム面からどのように対応を行っていくべきか、具体的な事例やソリューションを交えて解説いたします。主なアジェンダは以下の通りです。  
補足事項 ※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。
※6月4日に開催されたセミナーに最新の情報を加味しての再演です。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-29(土) 13:30~16:30
セミナー名 【会場受講】生命保険の商品開発の回顧と展望
~関連法令、監督方針、ディスクロージャー分析から、健康増進型保険、新型コロナの影響まで~
講師 ジェネラル・リインシュアランス・エイジイ
アカウント エグゼクティブ
日本アクチュアリー会正会員
西林 信幸 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,810円(資料代・消費税を含む) 
概要 本セミナーでは、生命保険の商品開発において必要な情報のうち、ディスクロージャー資料等の公開情報から、どこまで把握できるのかを初心者にも分かり易く解説します。 生命保険会社にお勤めの方(特に、若手の方)はもちろん、保険募集人、ファイナンシャルプランナーおよび新聞・雑誌記者の方々を、主なターゲットとしております。 なお、商品開発の実務や金融庁ホームページ等の活用方法にも触れますので、アクチュアリー試験(生保数理、生保1)を受験される方や、保険会社への就職を考えている学生の方にも役立つ内容です。 
補足事項 ※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。  
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-29(土) 13:30~16:30
セミナー名 【DOKODEMO】生命保険の商品開発の回顧と展望
~関連法令、監督方針、ディスクロージャー分析から、健康増進型保険、新型コロナの影響まで~
講師 ジェネラル・リインシュアランス・エイジイ
アカウント エグゼクティブ
日本アクチュアリー会正会員
西林 信幸 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,810円(資料代・消費税を含む) 
概要 本セミナーでは、生命保険の商品開発において必要な情報のうち、ディスクロージャー資料等の公開情報から、どこまで把握できるのかを初心者にも分かり易く解説します。 生命保険会社にお勤めの方(特に、若手の方)はもちろん、保険募集人、ファイナンシャルプランナーおよび新聞・雑誌記者の方々を、主なターゲットとしております。 なお、商品開発の実務や金融庁ホームページ等の活用方法にも触れますので、アクチュアリー試験(生保数理、生保1)を受験される方や、保険会社への就職を考えている学生の方にも役立つ内容です。 
補足事項 ※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。(開催日1営業日前の13時に事前登録メールを送付するため。)
※本セミナーはZOOM(アーカイブ配信あり)を利用して配信します。  
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-08-31(月) 13:30~16:30
セミナー名 【会場受講】法改正を含めた立法及び保険検査・監督を踏まえた保険募集実務の重要論点【47選】
~金融サービス仲介法制、個人情報保護法改正や募集人の労務管理上の問題も踏まえて~
講師 村田・若槻法律事務所
パートナー弁護士
足立 格 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 36,110円 (資料代・消費税を含む) 
概要 改正保険業法が施行されてから既に相当期間が経過し、保険会社及び保険代理店においては同法の趣旨目的を踏まえた態勢整備が一定程度整ったものと思います。今後は、「利用者を中心とした新時代の金融サービス~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(令和元事務年度)」はもとより、増々重要になる顧客本位の業務運営に関する原則や本年2月に生命保険協会及び日本損害保険協会との意見交換会で金融庁が提起した主な論点なども考慮して、同態勢整備を一層深化させていく必要があります。来事務年度からは、当局によるオンサイト検査の対象も、保険会社の他、大規模保険代理店中心から中小規模保険代理店へと向かうのではないかとも言われており、同態勢整備は、中小規模の保険代理店にとっても対岸の火事ではありません。かかる態勢整備を行うに当たって、「保険募集」をめぐる諸問題は、保険会社及び保険代理店は当然のこと、保険実務に携わる全ての関係者にとって頭を悩ませる問題です。たとえば、保険募集管理態勢は、当局によるオンサイト検査やマスコミなどで問題事例として取り上げられることも多く、実際にコンダクトリスクが実現化した事例も公表されています。そして、本年の通常国会には、近年の金融関連法制の目玉である金融サービス仲介法制が提出され、また、同国会での個人情報保護法の改正も予定されています。これらの立法も少なからず保険募集実務に影響を与えることが予想され、保険会社や保険代理店はもとより、保険分野に参入されようとか保険に関連するビジネスをしようとされている方々も関心の高いところでしょう。また、昨今では、働き方改革も踏まえて、保険募集人の労務管理の在り方が非常に重要な論点ともなっています。もっとも、保険募集実務は、実務的感覚を押さえることも肝要となるテーマでもあり、例えば、「保険募集」の意義で言えば、保険業法には「保険募集」の定義が必ずしも具体的には規定されていないため、従来からの実務を踏まえて、監督指針、パブコメ回答、業界団体のガイドラインなどをその趣旨も含めて深く理解した上で、具体的にどのような行為が「保険募集」に該当するかを検討する必要があります。また、募集関連行為や特別利益の提供規制で言えば、同規制が設けられた背景事情や歴史的経緯を押さえた上で、各要件に留意しつつ、最新の問題意識を勘案して同規制に抵触しないか判断する必要があります。このような保険募集実務の重要問題について深く確実に理解するためには、具体的事例を参考に、問題事例を設定してQ&A形式で検討するのが最適と思われます。そこで、本セミナーでは、金融法務の中でもとりわけ保険法務を専門とし、ADR機関の紛争解決委員や業界団体の諮問委員をつとめ、保険募集法務に精通している弁護士が、金融サービス仲介法制や個人情報保護法改正、更には保険募集人の労務管理の在り方も踏まえて、問題事例を設定して丁寧かつ分かり易く解説します。 
補足事項 ※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-08-31(月) 13:30~16:30
セミナー名 【DOKODEMO】法改正を含めた立法及び保険検査・監督を踏まえた保険募集実務の重要論点【47選】
~金融サービス仲介法制、個人情報保護法改正や募集人の労務管理上の問題も踏まえて~
講師 村田・若槻法律事務所
パートナー弁護士
足立 格 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 36,110円 (資料代・消費税を含む) 
概要 改正保険業法が施行されてから既に相当期間が経過し、保険会社及び保険代理店においては同法の趣旨目的を踏まえた態勢整備が一定程度整ったものと思います。今後は、「利用者を中心とした新時代の金融サービス~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(令和元事務年度)」はもとより、増々重要になる顧客本位の業務運営に関する原則や本年2月に生命保険協会及び日本損害保険協会との意見交換会で金融庁が提起した主な論点なども考慮して、同態勢整備を一層深化させていく必要があります。来事務年度からは、当局によるオンサイト検査の対象も、保険会社の他、大規模保険代理店中心から中小規模保険代理店へと向かうのではないかとも言われており、同態勢整備は、中小規模の保険代理店にとっても対岸の火事ではありません。かかる態勢整備を行うに当たって、「保険募集」をめぐる諸問題は、保険会社及び保険代理店は当然のこと、保険実務に携わる全ての関係者にとって頭を悩ませる問題です。たとえば、保険募集管理態勢は、当局によるオンサイト検査やマスコミなどで問題事例として取り上げられることも多く、実際にコンダクトリスクが実現化した事例も公表されています。そして、本年の通常国会には、近年の金融関連法制の目玉である金融サービス仲介法制が提出され、また、同国会での個人情報保護法の改正も予定されています。これらの立法も少なからず保険募集実務に影響を与えることが予想され、保険会社や保険代理店はもとより、保険分野に参入されようとか保険に関連するビジネスをしようとされている方々も関心の高いところでしょう。また、昨今では、働き方改革も踏まえて、保険募集人の労務管理の在り方が非常に重要な論点ともなっています。もっとも、保険募集実務は、実務的感覚を押さえることも肝要となるテーマでもあり、例えば、「保険募集」の意義で言えば、保険業法には「保険募集」の定義が必ずしも具体的には規定されていないため、従来からの実務を踏まえて、監督指針、パブコメ回答、業界団体のガイドラインなどをその趣旨も含めて深く理解した上で、具体的にどのような行為が「保険募集」に該当するかを検討する必要があります。また、募集関連行為や特別利益の提供規制で言えば、同規制が設けられた背景事情や歴史的経緯を押さえた上で、各要件に留意しつつ、最新の問題意識を勘案して同規制に抵触しないか判断する必要があります。このような保険募集実務の重要問題について深く確実に理解するためには、具体的事例を参考に、問題事例を設定してQ&A形式で検討するのが最適と思われます。そこで、本セミナーでは、金融法務の中でもとりわけ保険法務を専門とし、ADR機関の紛争解決委員や業界団体の諮問委員をつとめ、保険募集法務に精通している弁護士が、金融サービス仲介法制や個人情報保護法改正、更には保険募集人の労務管理の在り方も踏まえて、問題事例を設定して丁寧かつ分かり易く解説します。 
補足事項 ※講師とご同業にあたる方・個人のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講名古屋開催ランチ付セミナー
開催日時 2020-09-01(火) 9:30~17:00
セミナー名 【会場受講】【1日で学ぶ実践webマーケティング実務】Googleアナリティクス徹底活用ワークショップ
~事例を多用して基礎、分析&改善から、集客に繋がるソーシャルメディアとSEOまで~
講師 株式会社HAPPY ANALYTICS
代表取締役社長
小川 卓 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 60,000円 (資料代・昼食代・消費税を含む) 
概要 ウェブサイトの分析は、ウェブサイトの改善には欠かせない知識です。 そしてウェブサイトの分析ツールの代表格でもあるGoogleアナリティクスは日本の上場企業の75%近くに導入され、また無料ということもあり多くの中小企業や様々な法人でも利用されています。 本講座ではGoogleアナリティクスを活用するために基礎から応用までをしっかり学べる講座となっています。 まずはアクセス解析用語やツールの使い方などを説明いたします。次に分析から気づきを発見するためのテクニックや、データを元にサイトを改善するための事例を紹介いたします。 最後に皆さんのサイトの認知や集客に欠かせないソーシャルメディア及び検索エンジンからの流入を促進するSEO(検索エンジン最適化)についての事例も説明いたします。 自社サービスや商品をより大勢の方に知っていただき、ウェブサイトからのお問い合わせや購入などを増やすための具体的な方法を学べる講座となっています。 
補足事項 ご自身のPCで演習しながら学ぶ体験学習型ワークショップです。ノートPCをご持参ください。
【事前準備について】
※ インターネットを使用します。Wi-Fi環境をご用意いたしますので、接続可能なPCをご持参ください。
※ セミナー当日までに、Googleアカウントのご登録をお済ませください。
※ Googleアナリティクスアカウントは講師の方で用意しますので、そのアカウントに実際にログインをしてGoogleアナリティクスの画面を操作して分析を進めていただきます。全員同じ環境で操作して分析を行っていただく必要がありますので、当日はご自身の個人Googleアナリティクスアカウントはご使用なさいませんようお願いいたします。
※ 当日は動作確認を行いますので、9:15までにご来場ください。

※ 本セミナーではSlack上で質問受付を行います。申込み時に必ずSlackに登録可能なメールアドレスをフォームにご入力ください。開催前日に、ご登録のアドレスにSlackへのご招待メールをお送りします。(質問受付期限:9/11(金)13時)
※ Slack上での講師へのご質問は、講座内容に関するご質問のみ承ります。

※ こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※ 回数券を使用して当セミナーにお申込されます場合、2回分の回数券が必要となります。
※ 当日は昼食をご用意いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講名古屋開催
開催日時 2020-09-01(火) 9:30~17:00
セミナー名 【DOKODEMO】【1日で学ぶ実践webマーケティング実務】Googleアナリティクス徹底活用ワークショップ
~事例を多用して基礎、分析&改善から、集客に繋がるソーシャルメディアとSEOまで~
講師 株式会社HAPPY ANALYTICS
代表取締役社長
小川 卓 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 60,000円 (資料代・消費税を含む) 
概要 ウェブサイトの分析は、ウェブサイトの改善には欠かせない知識です。 そしてウェブサイトの分析ツールの代表格でもあるGoogleアナリティクスは日本の上場企業の75%近くに導入され、また無料ということもあり多くの中小企業や様々な法人でも利用されています。 本講座ではGoogleアナリティクスを活用するために基礎から応用までをしっかり学べる講座となっています。 まずはアクセス解析用語やツールの使い方などを説明いたします。次に分析から気づきを発見するためのテクニックや、データを元にサイトを改善するための事例を紹介いたします。 最後に皆さんのサイトの認知や集客に欠かせないソーシャルメディア及び検索エンジンからの流入を促進するSEO(検索エンジン最適化)についての事例も説明いたします。 自社サービスや商品をより大勢の方に知っていただき、ウェブサイトからのお問い合わせや購入などを増やすための具体的な方法を学べる講座となっています。 
補足事項 ご自身のPCで演習しながら学ぶ体験学習型ワークショップです。
【事前準備について】
※インターネットに接続可能なPCをご用意ください。PCと合わせて、Wi-Fi接続可能なスマートフォンやタブレットがあると、別々のデバイスで演習画面と講義画面を表示できて便利にご受講いただけます。
※セミナー当日までに、Googleアカウントのご登録をお済ませください。
※Googleアナリティクスアカウントは講師の方で用意しますので、そのアカウントに実際にログインをしてGoogle アナリティクスの画面を操作して分析を進めていただきます。全員同じ環境で操作して分析を行っていただく必要がありますので、当日はご自身の個人Google アナリティクスアカウントはご使用なさいませんようお願いいたします。
※当日は動作確認を行いますので、9:15にご視聴を開始してください。

※ 本セミナーではSlack上で質問受付を行います。申込み時に必ずSlackに登録可能なメールアドレスをフォームにご入力ください。開催前日に、ご登録のアドレスにSlackへのご招待メールをお送りします。(質問受付期限:9/11(金)13時)
※ Slack上での講師へのご質問は、講座内容に関するご質問のみ承ります。

※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※回数券を使用して当セミナーにお申込されます場合、2回分の回数券が必要となります。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-09-04(金) 9:30~12:30
セミナー名 【DOKODEMO】ゲノム研究の最新動向とゲノムビジネスのこれから
~遺伝統計リテラシーを学び読み解く~
講師 株式会社スタージェン
統計解析事業部長
上辻 茂男 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,100円 (資料代・消費税を含む) 
概要 創薬、遺伝子検査サービスに代表されるゲノムビジネスでは、すでに実施されたゲノム研究や臨床研究結果を応用することが多いでしょう。その際に、研究論文を読み、公開データベースを参照し、実際に研究者と議論する機会が必ずあります。しかしゲノム研究を理解することは統計学的な要素が多くて難しい、専門家とのディスカッションも敷居が高いと感じている人は少なくありません。本講座では、ゲノム研究のキーワードを正しく理解すること、ゲノム研究はどのように行われているのか現場を知ること、実際にゲノムビジネスをどのように行っているのか実状を知ることを目的に、ゲノムビジネスに必要な遺伝統計リテラシーを身につけます。統計学に自信がない方も安心してお申し込みください。 
補足事項 ※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-09-04(金) 9:30~12:30
セミナー名 【会場受講】ゲノム研究の最新動向とゲノムビジネスのこれから
~遺伝統計リテラシーを学び読み解く~
講師 株式会社スタージェン
統計解析事業部長
上辻 茂男 氏 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 35,100円 (資料代・消費税を含む) 
概要 創薬、遺伝子検査サービスに代表されるゲノムビジネスでは、すでに実施されたゲノム研究や臨床研究結果を応用することが多いでしょう。その際に、研究論文を読み、公開データベースを参照し、実際に研究者と議論する機会が必ずあります。しかしゲノム研究を理解することは統計学的な要素が多くて難しい、専門家とのディスカッションも敷居が高いと感じている人は少なくありません。本講座では、ゲノム研究のキーワードを正しく理解すること、ゲノム研究はどのように行われているのか現場を知ること、実際にゲノムビジネスをどのように行っているのか実状を知ることを目的に、ゲノムビジネスに必要な遺伝統計リテラシーを身につけます。統計学に自信がない方も安心してお申し込みください。 
補足事項 ※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
会場受講
開催日時 2020-09-08(火) 13:30~16:00
セミナー名 【会場受講】ソニー銀行におけるクラウド活用について
~クラウドオンリー、クラウドネイティブな基幹系システム構築に向けた取り組みの最新状況~
講師 ソニー銀行株式会社
福嶋 達也 氏 執行役員
鯉川 良示 氏 シニアマネージャー
 
開催地 カンファレンスルーム(株式会社セミナーインフォ内) 
参加費 34,000円 (資料代・消費税を含む) 
概要 ソニー銀行では、2013年よりAmazon Web Services(AWS)を中心としたクラウドの利用を開始し、2019年には勘定系システムの一部である財務会計システムがAWS上で稼働するなど、クラウドを積極的に活用しています。 また、2019年12月にはAWSの利用可能範囲を全業務に拡大する方針を決定したうえで、次期勘定系システムとして富士通が開発中の「FUJITSU Banking as a Service(FBaaS)」の採用に向けた検討を進めるなど、クラウド活用を一層加速させています。 一方、こういった取り組みは決して安易・拙速には行わず、システムリスクや情報セキュリティ等の観点から慎重にアセスメントを行うなど、地道に段階を踏みながら利用範囲を拡大してきています。 本セミナーでは、ソニー銀行におけるクラウドの活用状況について、システムリスク、情報セキュリティの観点も含めてご説明するとともに、現在検討を進めている次期基幹系システムのコンセプトについても紹介いたします。  
補足事項 ※こちらは会場参加のお申し込みページです。オンライン受講をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。  
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-09-08(火) 13:30~16:00
セミナー名 【DOKODEMO】ソニー銀行におけるクラウド活用について
~クラウドオンリー、クラウドネイティブな基幹系システム構築に向けた取り組みの最新状況~
講師 ソニー銀行株式会社
福嶋 達也 氏 執行役員
鯉川 良示 氏 シニアマネージャー
 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 34,000円 (資料代・消費税を含む) 
概要 ソニー銀行では、2013年よりAmazon Web Services(AWS)を中心としたクラウドの利用を開始し、2019年には勘定系システムの一部である財務会計システムがAWS上で稼働するなど、クラウドを積極的に活用しています。 また、2019年12月にはAWSの利用可能範囲を全業務に拡大する方針を決定したうえで、次期勘定系システムとして富士通が開発中の「FUJITSU Banking as a Service(FBaaS)」の採用に向けた検討を進めるなど、クラウド活用を一層加速させています。 一方、こういった取り組みは決して安易・拙速には行わず、システムリスクや情報セキュリティ等の観点から慎重にアセスメントを行うなど、地道に段階を踏みながら利用範囲を拡大してきています。 本セミナーでは、ソニー銀行におけるクラウドの活用状況について、システムリスク、情報セキュリティの観点も含めてご説明するとともに、現在検討を進めている次期基幹系システムのコンセプトについても紹介いたします。  
補足事項 ※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
技術コースオンライン受講
開催日時 2020-09-09(水) 13:30~16:30
セミナー名 【DOKODEMO】航空機リースにおけるドキュメンテーションとリポゼッションの実務
講師 ゾンデルホフ&アインゼル
法律特許事務所
パートナー弁護士
鈴木 秀彦 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,820円 (資料代・消費税を含む) 
概要 日本における航空機リースの歴史は古く、1978年から79年にかけて行われた「サムライ・リース」に始まります。これは比較的単純なファイナンスリースでしたが、1985年になって「日本型レバレッジド・リース」(Japanese Leveraged Lease)、通称「ジャパレバ」が登場し、税法上の特典を生かしたタックス・リースとして、バブル景気の頃に一世を風靡しました。現在では、タックス・リースは「日本型オペレーティングリース」(Japanese Operating Lease with Call Option)、通称「JOLCO」に形を変えて続いていますが、証券化など、より複雑な仕組みを採用した航空機ファイナンス取引も盛んに行われています。そのような複雑な取引おいても、最終的に航空機を運航するのがレッシーとしてのエアラインである以上、中心となる契約は航空機のリース契約であり、エアラインが履行すべき義務が適切かつ正確に規定されている必要があります。しかし、雛型がほぼ確立しているローン契約とは異なり、航空機リース契約には雛型と言えるような標準的な契約書が存在せず、リース会社あるいはエアラインが過去の先例に準じて案件ごとに作成しているのが実情と思われ、リース契約書の体裁は個々の取引ごとにかなり異なったものとなっているようです。また、整備・返還に関する規定(特にRedelivery Conditions)については専門用語が数多く使用されているため、航空機のリース契約書は、作成するにしてもレビューするにしても、慣れていないと非常に困難な作業になると思います。 本講演では、前所属事務所のクリフォードチャンス等における、ジャパレバの頃からの航空機ファイナンスの長い経験に基づいて、航空機を対象とするリース取引・ファイナンス取引の基本的な知識の再確認と、新型コロナウイルスの影響を受けてエアラインの破綻が懸念されるなかで近年関心が高まっているリポゼッションに関する論点、すなわち、リース契約の終了及び航空機の返還に関する特有の条項が、どのような目的をもってどのような仕組みで作られているのか、そして、実際のリポゼッションの手続はどのようにして行われることになるか、などについて解説いたします。新たに航空機リースや航空機ファイナンスに関する業務に携わる方はもちろん、既に実務経験を有する方で自己の知識を理論面から再確認したい方などに適した内容です。  
補足事項 ※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。 
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する
オンライン受講
開催日時 2020-09-30(水) 9:30~12:30
セミナー名 【DOKODEMO】金融機関に求められるコンダクト・リスク管理と監督当局との対話
~近時の行政処分事例の考察と今後の展望~
講師 長島・大野・常松法律事務所
弁護士(アソシエイト)
高山 徹 氏 
開催地 オンライン受講(DOKODEMOセミナー) 
参加費 35,830円 (資料代・消費税を含む) 
概要 金融機関をめぐっては、世界的に見てもコンダクト・リスクに関する関心が高まっていますが、金融庁が2018年10月に公表した「コンプライアンス・リスク管理基本方針」(ディスカッション・ペーパー)において、コンダクト・リスクの考え方が紹介されているなど、本邦においても重要なコンセプトになっていると考えられます。コンダクトやコンダクト・リスクに関しては、厳密な定義があるものではないと考えられますが、法令等遵守を中心とする従来型のコンプライアンスとの違いを正確に把握しておくことが重要です。また、近時の行政処分事例を見る限り、コンダクト・リスクの発想が問題点の指摘や処分の背景にあると見られる事例が複数存在していることも否定できません。本セミナーにおいては、近時の行政処分事例や「コンプライアンス・リスク管理基本方針」の考察を通じて、今、金融機関に求められているリスク管理とはどのようなものであるのか、自身の金融機関が適切にリスク管理に取り組めているのかを自己検証するにはどのような作業を行うことが考えられるのか、withコロナの時代に考えられるコンダクト・リスクにはどのようなものがあるのかといった点について、分析・検討をしてみたいと考えています。 (※本セミナーの意見にわたる部分は、講師の個人的見解であり、現在所属している(又は過去に所属してきた)組織・団体等の見解を示すものではありません。)  
補足事項 ※こちらはオンライン受講(DOKODEMOセミナー)のお申し込みページです。会場参加をご希望の方は該当のページよりお申し込みください。
※オンライン受講(DOKODEMOセミナー)の方のキャンセル期限は開催前日の12時です。
※本セミナーの配信方法については、開催日1週間前までにご連絡いたします。  
申し込み用紙PDFを開きます カートに追加する