資料販売

MATERIAL SALES
金融セミナーのセミナーインフォ > 資料販売 > 保険リスクと金融・財務リスクの統合管理

保険リスクと金融・財務リスクの統合管理

※本セミナーは過去に開催したものです。現在は資料販売のみ行っており、セミナーへの募集は行っておりません。
※FAXによるお申し込みをご希望の場合は [申し込み用紙PDF] に必要事項をご記入の上、03-3239-6545 までご連絡下さい。
※資料は白黒印刷により製本した後、郵送にてお送り致します。

この資料を購入する
開催日時 1999-04-22(木) 14:00~17:00
講師 三井海上基礎研究所 リサーチャー
後藤 和廣 氏

中央大学 商学部 非常勤講師
福島大学 経済学部 非常勤講師

資料価格 3,240円(消費税込み)
セミナー詳細 アメリカ、ヨーロッパの保険・金融関係者の間で「金融市場と保険市場の融合」やART(リスク移転代替手段)と いうことが話題になっているが、統合リスクマネジメント(integrated risk management)もその一環である。 統合リスクマネジメントとは、発生事由に関連性が無いリスクを統合して管理することによりリスクコストの削減 を図ることである。例えば、為替の変動リスクと生産設備の火災・爆発リスクとを統合して管理することである。 保険リスクと非保険リスクを統合的に管理すれば、リスクコストは大きく下げることができるといわれている。 統合リスクマネジメントは2~3年前よりアメリカやヨーロッパで話題になり始め、現在では保険、リスクマネジ メントや金融関係の専門誌で取り上げられる機会が増加している。しかし、実施例はまだ少なく、理論面からも基 本的な概念やその構造、及びメリット・デメリットを紹介したものは殆ど見かけない。 このセミナーでは、金融リスクのうち、市場リスクと信用リスクの管理手法やキャピタルアロケーションの考え方を保険リスクに援用し、統合リスクマネジメントの基本的な概念を説明する。そして、現在ある保険、ART、金融商品を使いどのようなプログラムが構築できるのか検討する。

講義詳細
1.金融機関のリスク
(1)金融・財務リスクの概要
(2)リスク管理における資本の重要性

2.金融・財務リスクのリスク量の計量化
(1)市場リスクの計量化
(2)信用リスクの計量化
(3)キャピタル・アロケーション

3.保険リスクの計量化
(1)未発生損失のリスク量
(2)未確定の損失のリスク量

4.金融・財務リスクと保険リスクの統合マネジメント
  ~統合キャピタル・アロケーション
(1)統合リスクマネジメントに必要な資本
(2)リスク処理コスト引き当て

5.統合リスクマネジメントの展開
(1)リスク・コントロール
(2)統合リスクマネジメント・プログラムの構築
(3)デュアル・トリガー、マルチ・トリガー
(4)グローバル・プログラム

6.リスク・ファイナンシング手段

7.質 疑 応 答

※ 録音・ビデオ撮影等はご遠慮下さい
カテゴリ
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
この資料を購入する
※ カートやお申し込みフォームはSSLにより暗号化されています。個人情報が通信中に読み取られることはありません。
※ お申し込みフォームをご利用できない方は、以下のPDFを印刷し、FAX [ 03-3239-6545 ] にてお申し込みください。
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF PDF

該当データはありません。

該当データはありません。

メルマガ登録 テーマで探す
  • 法務・規制・リスク管理
  • 事業戦略・マーケティング
  • 会計・税務
  • 金融技術コース
業界で探す
  • 銀行
  • 保険
  • 証券・アセットマネジメント
  • リース・カード
FINANCE FORUM ニュースリリース
セミナー回数券 Fun to share 認定コンプライアンス・オフィサー