資料販売

MATERIAL SALES
金融セミナーのセミナーインフォ > 資料販売 > 金融業界のための若者マーケティング

金融業界のための若者マーケティング

~定量データにもとづく価値観や金融行動の分析~

※本セミナーは過去に開催したものです。現在は資料販売のみ行っており、セミナーへの募集は行っておりません。
※FAXによるお申し込みをご希望の場合は [申し込み用紙PDF] に必要事項をご記入の上、03-3239-6545 までご連絡下さい。
※資料は白黒印刷により製本した後、郵送にてお送り致します。

この資料を購入する
開催日時 2013-05-31(金) 13:30~16:30
講師 株式会社ニッセイ基礎研究所
生活研究部門 研究員
久我 尚子 氏

生活研究部門 研究員
井上 智紀 氏

保険研究部門 研究員
村松 容子 氏

【久我氏】
早稲田大学大学院(工学)、東京工業大学大学院修士課程修了(学術及び技術経営)。株式会社NTTドコモを経て2010年株式会社ニッセイ基礎研究所入社。現在、生活研究部門研究員。専門は消費者行動、ITメディアマーケティング、金融マーケティング。

【井上氏】
筑波大学大学院ビジネス科学研究科修了(経営学)。2004年株式会社ニッセイ基礎研究所入社。現在、生活研究部門研究員。専門は金融マーケティング、消費者行動、少子高齢社会。

【村松氏】
京都大学大学院修士課程修了(理学)。2003年株式会社ニッセイ基礎研究所入社。現在、保険研究部門研究員。専門は金融マーケティング、共済制度コンサルティング、保険数理。

資料価格 3,240円(消費税込み)
概要 現在の若年層はクルマ離れやアルコール離れ、高級ブランド品離れなどといわれるように、かつての若者たちが好んでいたものを必ずしも好まなくなっている。また、インターネットの爆発的な普及やスマートフォンの利用拡大によってマスメディア離れも進んでいる。これらの背景には若年層を取り巻く厳しい経済環境や消費社会の成熟化、恋愛・家族形成にみられる価値観・ライフスタイルの変化がある。これらの変化により若年層へのアプローチには苦心する業界も多い。しかし、金融業界では若い時代からの顧客関係が長期に渡って継続されることも多く、若年層の獲得は今後のマーケティング戦略を考える上で重要な鍵となっている。本セミナーでは、公的機関等のデータを用いて若年層の概況を解説した後、ニッセイ基礎研究所により平成24年度に実施された20~30代を対象とした調査や経年実施の生命保険加入実態調査などから得られた定量データにもとづいて、若年層の消費行動や生活設計状況、具体的な金融商品の加入実態や加入プロセスについて解説する。なお、本セミナーでは若年層として20~30代に焦点をあて、分析内容によって未既婚などの属性で分解し詳細に捉えていく。
セミナー詳細 1.若年層の概況
(1)恋愛・結婚
  ~恋愛離れと未婚化・晩婚化 
(2)雇用・所得
  ~厳しい雇用情勢と将来の社会保障不安    
(3)ライフスタイル
  ~高い生活満足度の裏にあるものは?

2.若年層の消費行動
(1)一般商品・サービスの購買行動
  ~5つの志向の存在
(2)一般商品・サービス購入時の比較検討観点
  ~5つの観点の存在

3.若年層の生活設計
(1)将来の生活不安
  ~どのような不安をどのぐらい感じているか
(2)生活設計の状況と経済的な準備
  ~ライフステージや親との同居による違い

4.若年層の金融行動
(1)貯蓄・投資意識と金融行動
  ~金融・保険に関する若年層の意識・行動を概観 
(2)若年層の金融・保険との接点
  ~多様化する顧客接点への若年層の志向
(3)生保加入プロセスの多様性
  ~若年層へのアプローチの可能性を探る

5.まとめ

6.質 疑 応 答  ※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい
カテゴリ 事業戦略・マーケティング
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
この資料を購入する
※ カートやお申し込みフォームはSSLにより暗号化されています。個人情報が通信中に読み取られることはありません。
※ お申し込みフォームをご利用できない方は、以下のPDFを印刷し、FAX [ 03-3239-6545 ] にてお申し込みください。
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF PDF
中国の金融分野におけるデジタライゼーション最前線
開催日時  :  2018-12-21(金) 13:30~16:30
金融機関における次世代型店舗戦略
開催日時  :  2018-12-21(金) 9:30~12:30
1 日で学ぶ決済サービスの重要ポイントとキャッシュレス社会の展望
開催日時  :  2018-12-19(水) 9:30~16:30
【メガセミナー】次世代保険ビジネスの最前線
開催日時  :  2018-12-18(火) 13:30~17:10
生命保険会社の業績と収支構造の分析
開催日時  :  2018-12-18(火) 9:30~12:30
低侵襲技術を活用した次世代病院経営の課題と展望
開催日時  :  2018-12-17(月) 15:30~18:00
【金融デジタライゼーション対応実務】人工知能(AI)によるローン審査の現状と将来
開催日時  :  2018-12-13(木) 13:30~16:30
金融サービスにおけるAI/RPAなど先進技術を活用した「働き方改革×価値創造」
開催日時  :  2018-12-11(火) 9:30~12:30
金融機関における新技術活用の最新動向と求められる態勢構築
開催日時  :  2018-12-07(金) 13:30~16:30
みずほ銀行におけるスマートスピーカー活用事例と金融業界での活用戦略
開催日時  :  2018-12-06(木) 13:30~16:00
【DOKODEMO】国内外のFinTech企業、プラットフォーマーの先端事例から見る次世代の金融ビジネスモデル
開催日時  :  2018-12-05(水) 13:30~16:30
国内外のFinTech企業、プラットフォーマーの先端事例から見る次世代の金融ビジネスモデル
開催日時  :  2018-12-05(水) 13:30~16:30
コストパフォーマンスを高める金融機関の店舗戦略
開催日時  :  2018-11-30(金) 13:30~16:30
日本生命保険によるRPA(ロボ美ちゃん)の全社展開とAI・RPA活用によるビジネスプロセス・マネジメント(BPM)高度化対応
開催日時  :  2018-11-28(水) 13:30~16:30
決済・送金ビジネスの構造変革と国内外の最新事例
開催日時  :  2018-11-28(水) 9:30~12:30
LINEの総合金融化戦略
開催日時  :  2018-11-26(月) 13:30~16:30
Airbnb、WeWork等不動産プラットフォーマーの台頭、不動産テックの最新動向と将来像
開催日時  :  2018-11-21(水) 13:30~16:30
第一生命グループの健康増進商品戦略
開催日時  :  2018-11-19(月) 13:30~16:30
みずほ銀行とpringが創出するQRコード決済サービス
開催日時  :  2018-11-14(水) 13:30~16:30
Fintech対応の次にくる新たな金融ビジネスモデル
開催日時  :  2018-11-14(水) 9:30~12:30
「決済のすべて」 フィンテック・仮想通貨はどうなる 近未来の決済インフラ
開催日時  :  2018-11-09(金) 9:30~12:30
【DOKODEMO】Amazonをはじめとしたプラットフォーマーから金融機関が学ぶべき新たなデジタルビジネスモデル戦略
開催日時  :  2018-11-07(水) 13:30~16:30
Amazonをはじめとしたプラットフォーマーから金融機関が学ぶべき新たなデジタルビジネスモデル戦略
開催日時  :  2018-11-07(水) 13:30~16:30
【データサイエンス実務入門】Pythonで体感しながらゼロから学ぶデータ分析/時系列モデル/機械学習
開催日時  :  2018-11-01(木) 9:30~16:30
生命保険の新チャネル戦略比較と今後の予測
開催日時  :  2018-10-26(金) 13:30~16:30
具体例から学ぶAI・データ技術を活用した金融技術の高度化
開催日時  :  2018-10-25(木) 13:30~16:30
IoT・AI・データサイエンスで変わるヘルスケア・保険ビジネス
開催日時  :  2018-10-24(水) 13:30~16:30
保険業界のための女性マーケティング
IoTを活用した新ビジネス創出の可能性と課題
金融業界のための女性マーケティング
保険オムニチャネルの最新動向
スマートフォン決済サービスの国内市場の普及に向けた課題
TPPが生損保・制度共済に与える影響
メルマガ登録 テーマで探す
  • 法務・規制・リスク管理
  • 事業戦略・マーケティング
  • 会計・税務
  • 金融技術コース
業界で探す
  • 銀行
  • 保険
  • 証券・アセットマネジメント
  • リース・カード
FINANCE FORUM ニュースリリース
セミナー回数券 Fun to share 認定コンプライアンス・オフィサー