過去のセミナー

OLD SEMINIARS
金融セミナーのセミナーインフォ > 過去のセミナー > 企業年金の積立不足に対するマーケットの評価

企業年金の積立不足に対するマーケットの評価

本セミナーは終了しました。
開催日時 1999-03-23(火) 14:00~17:00
講師 ゴールドマン・サックス証券
年金部長
河野 伊之 氏

セミナー詳細 2000年導入の新企業年金会計基準は、単なる会計処理の変更にとどまらず、積立不足を顕在化させ、 年金問題の実態を、より合理的に市場、企業に知らしめる意味が大きい。①退職金を含めた②発生主義 での③時価ベースでの積立不足を割引率、昇給率などを合理的な水準に置き換え推計すると、50~60 兆円(内訳:年金で10~20兆円、退職金で40~50兆円)と見られる。退職金の巨大な積立不足は、 外部積立制度の不採用のためだ。市場は、この年金の積立不足を株価にまだ十分に織り込んでいないと見 られる。年金問題が二極化相場形成の要因となった(今後もなる)可能性がある。賃金体系、人事・財務 戦略の見直しなくして、債務の解消は不可能な局面まできている。特に定期昇給制度の維持は、債務の肥 大化、将来の制度の破綻のシナリオを経営陣に突きつけることになる。企業は年金においても、「 ハード or ベリーハード・ランディング 」の選択に立っているといえよう。

講義詳細
1.新年金会計制度
(1)年金、退職金債務の概念の明確化
(2)積立不足の推計
(3)個別企業での評価

2.年金問題の資本市場の評価
(1)市場は積立不足をどの程度織り込んでいるか
(2)年金債務と二極化相場

3.制度改正の必要性
(1)ダブル・スタンダードの問題
(2)退職金制度の拠出制(外部積立制)
(3)税  制
(4)積立不足解消へのインセンティブ
(5)現物拠出
(6)代行問題

4.企 業 の 対 応
(1)退職金、年金制度の統廃合
(2)定期昇給制度の見直し
(3)人事、財務戦略レベルでの見直しの必要性

5.質 疑 応 答

※ 録音・ビデオ撮影等はご遠慮下さい
カテゴリ
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF

該当データはありません。

該当データはありません。

メルマガ登録 テーマで探す
  • 法務・規制・リスク管理
  • 事業戦略・マーケティング
  • 会計・税務
  • 金融技術コース
業界で探す
  • 銀行
  • 保険
  • 証券・アセットマネジメント
  • リース・カード
FINANCE FORUM ニュースリリース
セミナー回数券 Fun to share 認定コンプライアンス・オフィサー エクセレントサービス