資料販売

MATERIAL SALES
金融セミナーのセミナーインフォ > 資料販売 > 企業年金のディスクロージャーにおける約定日基準の導入について

企業年金のディスクロージャーにおける約定日基準の導入について

~厚生年金基金連合会の約定主義基準に係る報告書を受けて~

※本セミナーは過去に開催したものです。現在は資料販売のみ行っており、セミナーへの募集は行っておりません。
※FAXによるお申し込みをご希望の場合は [申し込み用紙PDF] に必要事項をご記入の上、03-3239-6545 までご連絡下さい。
※資料は白黒印刷により製本した後、郵送にてお送り致します。

この資料を購入する
開催日時 1999-05-18(火) 14:00~17:00
講師 三菱信託銀行 年金運用部
運用企画グループ 主任ファンドマネージャー
代田 秀雄 氏

(資産時価評価検討委員会ワーキンググループ 代表)

資料価格 3,240円(消費税込み)
セミナー詳細 厚生年金基金連合会 資産運用委員会 資産時価評価検討委員会は、平成10年3月に厚生年金基金における時価 評価基準を公表したのに続き、この3月には約定主義基準を発表した。この約定主義基準は、企業会計審議会が 示した「金融商品に係る会計基準」やグローバル投資パフォーマンス基準(GIPS)・日本証券アナリスト協会投 資パフォーマンス基準(SAAJ-IPS)の要請等を踏まえたものである。講師は2年にわたって検討委員会に参加 し、今般の基準作成にあたってはワーキンググループにおいて各運用機関・シンクタンクの取りまとめ役を務めている。このセミナーでは、年金資金の運用機関がスポンサーに開示する報告書の様式および数値基準について、資産時価評価検討委員会の報告書に沿って解説するとともに、いくつかの論点について紹介する。

講義詳細
1.はじめに

2.キャッシュフローの認識基準
(1)キャッシュフローの認識についての基本的な考え方
(2)未収金・未払金のキャッシュフローの認識基準について

3.円貨建資産の認識基準
(1)債 券
(2)株 式

4.外貨建資産の認識基準
(1)円簿価について
(2)外貨建取引の約定ベース認識
(3)外貨建取引の為替換算
(4)為替取引の処理
(5)「外貨未収金・未払金」の為替換算
(6)為替取引にかかるアセットクラスの分類について
(7)クロス為替について

5.デリバティブの認識基準

6.その他資産の認識基準

7.費用の認識基準

8.報告書における約定日基準数値

9.論点の整理
(1)未収金・未払金のキャッシュフロー認識基準の統一
(2)既経過利息前払金の処理
(3)委託証拠金の取扱い
(4)為替の取扱い
(5)カストディーフィーの取扱い

10.質 疑 応 答

※ 録音・ビデオ撮影等はご遠慮下さい
カテゴリ
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
この資料を購入する
※ カートやお申し込みフォームはSSLにより暗号化されています。個人情報が通信中に読み取られることはありません。
※ お申し込みフォームをご利用できない方は、以下のPDFを印刷し、FAX [ 03-3239-6545 ] にてお申し込みください。
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF PDF

該当データはありません。

該当データはありません。

メルマガ登録 テーマで探す
  • 法務・規制・リスク管理
  • 事業戦略・マーケティング
  • 会計・税務
  • 金融技術コース
業界で探す
  • 銀行
  • 保険
  • 証券・アセットマネジメント
  • リース・カード
FINANCE FORUM ニュースリリース
セミナー回数券 Fun to share 認定コンプライアンス・オフィサー エクセレントサービス