資料販売

MATERIAL SALES
金融セミナーのセミナーインフォ > 資料販売 > 保険代理店検査とコンプライアンス上の留意点

保険代理店検査とコンプライアンス上の留意点

~平成22検査事務年度検査基本方針,検査指摘事例等を踏まえて~

※本セミナーは過去に開催したものです。現在は資料販売のみ行っており、セミナーへの募集は行っておりません。
※FAXによるお申し込みをご希望の場合は [申し込み用紙PDF] に必要事項をご記入の上、03-3239-6545 までご連絡下さい。
※資料は白黒印刷により製本した後、郵送にてお送り致します。

この資料を購入する
開催日時 2010-12-02(木) 13:30~16:30
講師 のぞみ総合法律事務所
吉田 桂公 弁護士

2004年10月のぞみ総合法律事務所入所 06年4月~07年3月日本銀行(決済機構局),07年4月~09年3月金融庁(検査局)に出向 09年4月のぞみ総合法律事務所復帰 現在,第二東京弁護士会・金融商品取引法研究会,同・経済法研究会,同・民事介入暴力被害者救済センター運営委員会,同・司法制度調査会民法部会に所属 著書等として,「特集 改正法施行後の利益相反管理態勢勢整備の具体的実践―3つのテーマを例として―」(金融法務事情,1870号),「マネー・ローンダリング防止態勢をいかに構築するか」(金融財政事情,09年8月31日号),「業法から迫る顧客保護~座談会 法令・監督指針・検査マニュアルの読み方・使い方(1)~(3)」(金融財政事情,09年12月14日号~10年1月4日・11日号),「集中連載 ケーススタディ金融円滑化管理」(金融法務事情,1896号,1897号,1899号),「10月1日スタート!事業会社も使える金融ADR」(ビジネス法務10年11月号)ほか多数

資料価格 3,240円(消費税込み)
セミナー詳細 近時,保険代理店における不祥事件等に関して行政処分が発出され,本年7月公表の検査指摘事例集でも保険代理店に関する指摘が多くみられるなど,保険代理店におけるコンプライアンス態勢の構築が注目されている。そして,平成22検査事務年度検査基本方針においても,保険代理店への立入検査の実施が明示されるなど,保険代理店の監督強化への当局の意向もみられるところである。本セミナーでは,検査基本方針,検査指摘事例等を踏まえながら,保険代理店の検査・監督対応,保険代理店におけるコンプライアンス態勢上の留意点について,解説する。

講義詳細
1.保険代理店の検査・監督対応
 ~平成22検査事務年度検査基本方針を踏まえて
 (1)近時の検査・監督行政の動向
 (2)検査マニュアルの考え方
 (3)検査・監督の流れ

2.保険代理店におけるコンプライアンス態勢上の留意点
 ~検査指摘事例,行政処分事例を踏まえて
 (1)検査指摘事例の傾向
   ~“PDCAサイクル”と評価・改善活動(“C”,“A”)の重要性
 (2)保険募集管理(不適正募集等の未然防止)
 (3)不祥事件対応(事後対応と未然防止の対応)~顧客情報漏えい,横領等
 (4)内部監査(リスクベース・アプローチと改善活動のフォローアップ)
 (5)苦情等への対応   

3.質 疑 応 答    ※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい
カテゴリ
関連キーワード
お問い合わせ先 株式会社セミナーインフォ
TEL : 03-3239-6544   FAX : 03-3239-6545   E-mail : customer@seminar-info.jp
お問い合わせフォーム
この資料を購入する
※ カートやお申し込みフォームはSSLにより暗号化されています。個人情報が通信中に読み取られることはありません。
※ お申し込みフォームをご利用できない方は、以下のPDFを印刷し、FAX [ 03-3239-6545 ] にてお申し込みください。
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。
PDF PDF

該当データはありません。

該当データはありません。

メルマガ登録 テーマで探す
  • 法務・規制・リスク管理
  • 事業戦略・マーケティング
  • 会計・税務
  • 金融技術コース
業界で探す
  • 銀行
  • 保険
  • 証券・アセットマネジメント
  • リース・カード
FINANCE FORUM ニュースリリース
セミナー回数券 Fun to share 認定コンプライアンス・オフィサー エクセレントサービス